-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-04 01:39 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
十三人の刺客

ちょっといつもより画像が大きい?(滝汗)

ま、いっか。

あれ? 吾郎ちゃんがいないよ・・・。

この映画、劇場に行こうと思っていたんだけど
公開前の宣伝で山田孝之が 「後半は延々戦って斬りまくりです。」
とかいうもんだから観に行くの辞めたんだよね。
でも、気になっていたのでようやく観ました。

はぃ。 延々殺陣のシーンです。

話は 将軍の息子(養子)で老中になる予定の吾郎ちゃんが ひどい残忍でどうしようもない性格だから
困った現老中が暗殺しておくれと、役所さんに頼んだと言うお話。
んで、頼まれた役所さんは 少数ではむかうという大ばくちにでた!
ばくちに勝てるか勝てないかはぜひ観てほしいのだけど、
観てほしいのは結果ではなく、吾郎ちゃんの壊れっぷりwww

自分を狙ってやってくる刺客をみて 「楽しいのぅー」「戦乱の時代とはこんなんであったのかのぅー」やら
「戦乱の中にいると生きていることに感謝するだろうから、よしっ、自分が老中になった暁には戦の時代としようぞ^^」
もう、みてるあたしもいらっとするどころか笑ってしまったw
すごいよ、吾郎ちゃん、みなおした!!w

役所さんは「ダイワハウチュ」にしかみえなかったけど。。。。
伊勢谷さんは笑い担当??みたいな役だったけど。。。。
山田孝之の殺陣のシーンがすくないよとか。。。。

まぁ突っ込みどころはいくらでもあるんだけど

松方さんがさすが殺陣がうまい。他の人たちとは全然違った。
りきんでなくって自然で倒れ方もうまかったなぁ。
脇をしっかり固めています。みたいな役だった。

延々戦うシーンだけど思ったよりは飽きずにみれて
周りでは不評だったけどあたし的には面白かった。

ただねぇ・・・・

グロイんだよ・・・。

最初の方に出てくる女のひとが怖すぎです。
インパクトありすぎで目に焼き付いて参りました。





あとね、なんだか藤沢周平さんの「用心棒日月抄」がすごく読みたくなった。
今夜はちょっと読んでから寝ようかなぁ。
といっても、もう夜中の1時半過ぎてる・・・。
スポンサーサイト
2011-11-04 01:11 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
24r

三部作もいよいよ フィナーレ。

ほんとあっという間に観終わった・・・・。

と、思ったらエピローグが長かった

それから4年がたって・・・・みたいな感じで。

といきなりエピローグの話から始まったけど

二つの塔がいい感じで終わったから
いいところから始まって
戦いもクライマックス!!

さぁ!みんなで助けに行っちゃうよっ!!
でも、数が少ないのよ、どうしようか

とそんな感じで話は進み・・・・。

最後の最後、フロドチームのためにアラゴルンチームが捨て身の作戦に出た!

その時のギムリとレゴラスの会話がよすぎて
あたしってばテレビの前で思わずニンマリ。
怪しい人になっていたよw

多勢に無勢の状態で敵に囲まれたアラゴルンチームの中でギムリが「エルフの隣で死ぬのかー 」というのね。
ドワーフであるギムリはもともとエルフをライバル視していて好きでないの。
でも、一緒に戦いの旅を続けるうちにエルフであるレゴラスに友情を抱くようになっていて・・・。
その「エルフの隣で死ぬのか、チッ」の台詞を受けてレゴラスが「友の横で眠ると思えばいい」みたいなことを言うのね。
んでギムリが「それは悪くないな」とにんまりするのよ。
もう、あたしってば友情とかそういうのにはめっちゃ弱いのよ。。。。
顔はにんまりしてても鼻の奥がジーンってきて思わず涙が。。。。

フロドの方は指輪の誘惑に負けないで指輪を滅ぼす旅をしていたんだけど、最後の最後で。。。

このシーンを観て実はちょっとほっとしたんだ。
だって、誰もが指輪の誘惑に勝てないとか言ってるのになんでこの子はうち勝ててるん?重荷だ重荷だ、つらいとかいいながらも誘惑に勝ってるなんて、なんかリアルでなーい。
でも、なんとなくこの展開も嫌だけどなぁ。すっきりしないなぁとか。。

と、突っ込みをいれたらきりがないよね。

でもでも、すごく好きな話なんだよ。
こんなに、文句言ってるけどw

ラストシーンのサムの家がすごくすごく好みでめっちゃ可愛いの!!!
画像がなくってはれなくてほんと残念!!!!
2011-10-30 23:08 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
23r

指輪を葬るために結成された旅の仲間たちは
第1部の「旅の仲間」の最後にある出来事がきっかけとなり
別行動をとることとなるんだけど。。。。

この第2部からサウロンとの戦いが本格的になってくるのね。
比べちゃ駄目なんだろうけど
戦いが「レッドクリフ」とちょっとかぶっちゃった。

でもねっ!!

こっちの方が断然いい!!

絶対にいい!!

レッドクリフの第1部の方の後半、なんとかって戦法で闘うんだけどそりゃあもう戦いのシーンが長くって長くって、あたし寝てたもん(汗
ハッ!ってなって起きてまた寝てしまうという。。。

でもでも、このロードオブザリング、寝るどころか

あたし、正座w

「ぉぉ~~~~

なんて、手をたたいたりw

それまで全然眼中になかったアラゴルンがなんだかちょっとかっこよく見えたりw
うまのたずなをとって下からひらりと乗るシーン。
めっちゃすごい。

あ、でもあたしは

27r

はぃ。レゴラスですw

絶対絶対いいんだよ。
繊細そうな感じも、誠実そうな感じも
強そうに見えないけどめっちゃ強いとこも
めっちゃいい。

二つの塔は1作目の「旅の仲間」よりも更にのめりこんで
ほんと時間があっという間。
戦闘シーンはほんと圧巻。
ほんと、どきどきどき・・・・・。

あたし的には フロドチームはいいから勝手に行ってて。
ついたら教えてね。てきな感じでw

というのは冗談だけど

フロドはなんで指輪の誘惑に勝てるんだ??
と、ちょっと疑問。
ホビットだから?

ま、とりあえずそこはいっか。

それと忘れちゃいけないのが
メリーとピピンチーム。
ちっこい二人が木々たちになんとか戦いに参加してほしいと言うんだけどなかなか参加してくれなくって・・・。
そこで第1部での伏線回収、かな。
第1部でサルマンの手下のオークたちが
武器を作るシーンがあるんだけどね、それが伏線みたいな感じになっていたんだよ。
オークと人間を掛け合わせて新しい兵士を生み出すシーン。
あ~、ここに繋がるのか!!と。

これ観終わったの夜の11時だったけど そのまま次に進みたかった。。。

でも、手元に続きがなかったんだよぉ。
翌日の朝に手に入る予定だったので
とりあえず、11時に寝ましたw
早く寝れば早く明日になるっ!!

週末万歳!w

というわけで今週末は過ぎていったのでした・・・・。
2011-10-30 15:34 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
旅の仲間1

いまさら感がたっぷりだけど
ようやく観ました。
3部作一気に!!!

長時間だけど、あっという間。
この世界観はすごく好き。

だけど、よくわからない点がいっぱいで(汗

プロローグからして
???だったし(滝汗

指輪が何個か作られて それぞれがエルフの代表、ドワーフの代表、人間の代表がもってそれぞれを治めるんだけど実は ひそかに指輪はもう1つあった。それは闇の冥王サウロンが作った滅びの指輪。残忍さと力を秘めた指輪。

まぁそんな感じなんだけど
その最初の指輪はだれが作ったの?
んで、その指輪はどうなったの????

ガンダルフが助言を求めに行った先で捕まっちゃうんだけど
どうやってそこを逃れたのかわかんない・・・・。
牢獄に入れられちゃって、出られなくって、
でも蝶が飛んできてそれを捕まえたら 師匠と闘ってるシーン…(汗
 
うーーーーん。

とにかく、そこから逃げて合流するんだけど
まぁ

その

脱出してみんなと落ち合った。

ってことでいっかw

サウロンの作った指輪を滅ぼすという話で
いっかw


でも、ホビット族のことを
指輪に一番似つかわしくない
ってくだりがあったけどなんでだろう・・・。
そこは深く考えずに、そうなんだと思うところなのかもしれない。

第1部は 指輪を滅ぼすため旅に出る。
ということではらはらしながら観ればいいのかな。

そして9人の旅の仲間のうちあたしのお気に入りは

旅の仲間2

この2人!

陽気でいたずらいっぱいで、でも仲間思い。

もう、かわいくって可愛くって仕方がない。

そして

旅の仲間3

リヴ・タイラーのきれいなこと。。。。

みんな汚い身なりで、爪の中も真っ黒だったから
ひときわきれいさが目立ってたし!w


旅の仲間4

昔の人間の王たち。
闇の指輪にとらわれて指輪の幽鬼になっちゃったんだけどなんか、憎めない。


でもやっぱりいろんなことが気になるから原作を読もうかな。
そしたらもっともっと楽しめて
色々な疑問が解けるかも。



2011-09-20 18:24 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
大奥

二宮君の大奥ですw

やぁーっと観れました。

最初はながら観だったんだけど、気がつけば、TVの正面に座りこんでみてたよ。。。
おそるべし にのマジックw

謎の疫病が原因で男性の数が極端に減ってしまった江戸時代が舞台なんだけど
これ、原作を読んだ時にすごくびっくりした記憶が。。。
よくまぁ こんな話を思いつくなぁと。
発想がすごいよね。
男性が極端に減ってしまっているのでなんと、将軍は女性で大奥は男性で作られている。

主役の二宮君や柴崎コウの演技は正直、う~ん、なんだけど脇を固める佐々木蔵之介がとてもいい!
やっぱり、佐々木蔵之介は時代劇が似合う、うん。
でも玉木宏とのツーショットは うげw な感じだったけどそれはそれであたし的にはちょっと楽しかったり~。
阿部サダヲも地味ながらいい役だったしね。

なんだかんだで楽しく観ちゃった。
こういうのはあーだこーだ言わずに楽しんでみたもん勝ちです。

そうそう、ラスト近くで、後ろ脇に佐々木蔵之介と玉木宏を従えてにのが白い着物を着て歩いてくるシーンがあるのね。 それの、にのがあまりにも貧弱で
いいシーンなはずなのに、笑っちゃってしまった。ごめんなさいw

それにしても、にのは眉間にしわ寄せて困った役が似合うなぁ。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。