-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-24 14:12 | カテゴリ:*コミック*
黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)
(2007/02/27)
枢 やな

商品詳細を見る



「あくまで執事ですから。」(セバスチャン談)




舞台はイギリス。
ファントムハイヴ伯爵家の幼き当主、シエル。
そしてその執事のセバスチャン。

執事とは影のように主人に従い
屋敷の中のことはすべて完璧にできて当たり前。
いったい何者??と思いきや・・・

「ただの執事です」

コメディー?かと思って読むと
あれ?
あら・・・
結構?
おもしろいっ!

ふぅーん。。。。。


ミステリアスな部分を残しながら
にまにましながら読めます。(楽しめます)
巻が進むにつれて、少しずつ謎も解け
それと同時に面白い展開になってくる。
セバスチャンとシエルの絆がこのあとどうなっていくのか・・・・?

それがこの物語の面白さになって行くと思うな。
料理ができない料理長。
ドジで仕事ができないメイド。
不器用な召使たちのキャラはいいけど、
影がいまいち薄いのが、もったいない。
でもまぁそれは今後に期待ということで。

機会があれば是非お勧めしたい本です



   


10月よりアニメ化決定。
詳しい事はこちらから。
クリックすると、黒執事公式サイトに飛びます。

スポンサーサイト
2008-09-24 12:10 | カテゴリ:*コミック*
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
はぁ。。。

ようやく読了。

10巻まで借りてその続き(20巻まで)借りるまで少しあいて
21,22、21世紀少年上下巻の4冊借りるのに数ヶ月あいちゃったよ・・・。
21巻読むときには、前の話すっかり忘れてたし・・・(汗

貸してくれた子曰く・・・・
「数ヶ月くらいなんですか?!ぼくなんて6年ですよー」

連載終了まで6年かかったのね・・・。
お疲れ様。
そして、貸してくれてありがとう



   

当時わんぱくでやんちゃだった主人公たちが、
秘密基地を作って遊んでいた子どもの頃、
みんなで空想の世界に浸っていた。
未来は悪の手に染まる。
巨大兵器、ウィルス兵器で
みんな、恐れおののく中
自分たちが正義の味方となってやっつける。。。。


そして時は流れ、大人になった頃
その空想どおりに物事は起きていく・・・。

いったい誰が??
誰が事を起こしているのか・・・・?



最後の方まで、かなりいらいらいらする。

お面、ひっぺがしたくなるし。

ハットリ君やらなんかわかんないお面の子とか。

お面をかぶっているから誰だかわからない。

あぁ、ストレスたまりまくりのマンガやったー。

大阪の万博が開催された頃に小学生だった世代の人たちには
かなり懐かしいんだろうなー。
当時の様子がすごくリアルに描かれてる。
誰もが一度はあこがれる秘密基地。

最後の数巻で物語りは急に展開の速度を増す。
それに伴い、解き明かされる謎。
そして、最終章・・・・・。

ノンストップで読みたかった!
2回ぐらいは読み直したほうが理解できていいかも・・・・。
でも、長いんだよなぁ・・・・。



   

公開中の映画を見に行った人たちがまわりでも結構いるのだけど・・・
みんな、口をそろえて、面白かったと言ってるんだよねー。

行ってみようかなぁ・・・。
DVD出るまで待つか、ちょっと悩み中。
それにしても、キャストすごい!
豪華だし・・・・・似てるw




2008-09-17 17:33 | カテゴリ:*コミック*
執事様のお気に入り 1 (1) (花とゆめCOMICS)執事様のお気に入り 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2007/06/19)
伊沢 玲

商品詳細を見る


ラブコメです。

舞台は超セレブの学校。
両親を亡くして祖父母の下に引き取られた主人公、氷村良。
天下の大財閥の子息なのに、実力主義のクラスに入った神澤伯王。

回りがすべてお金持ちの設定でとっても楽しいです。
お気楽ラブコメってところ。

なんちゃってお嬢の良が戸惑ってないのもまぁ不思議ではあるのだけど、
そこは、まーまー気にしないで。
細かいことを気にしなければかなり楽しい!

それぞれのキャラが楽しくて気楽に楽しめます。

2008-07-17 18:51 | カテゴリ:*コミック*
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
S・A(スペシャル・エー) 14 (14) (花とゆめCOMICS)S・A(スペシャル・エー) 14 (14) (花とゆめCOMICS)
(2008/07/17)
南 マキ

商品詳細を見る



本日発売。


今回は(も)やられっちゃいましたーーー。
お姫様抱っこのちゅ、ですよ!
いや、「ちゅ」でないな
「ちゅぅ」だな。   (u_u*)ポッ・・・・

12巻あたりは、うーん、どうなん?って感じの展開だったのだけど
13巻あたりから復活で、14巻は堂々の
堂々の・・・・


堂々の、なんだろw(←少々壊れ気味

あぁ、とにかく

「気をつけないと、こういうことされてしまいますよ。」


きゃーーーーーーーーーーーーーーーっ。

してして!!是非!!ですとも。
んでんで

「すごくうれしかったんだ」
で、光らぶです!


それにしても常盤君、いい仕事してます!!
次巻は11月発売か~。
我慢、我慢。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。