-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-20 10:43 | カテゴリ:  花咲く丘の小さな貴婦人
花咲く丘の小さな貴婦人それは青いすみれの季節 (コバルト文庫 た 16-35)花咲く丘の小さな貴婦人それは青いすみれの季節 (コバルト文庫 た 16-35)
(2008/07/01)
谷 瑞恵

商品詳細を見る


シリーズ3作目
今回はバレンタインデーから始まります。

会えば憎まれ口のジェラルドと急接近。
なんせ、帯に

早く気づいてくれよ、俺の気持ちに

ですから!!

ベタな少女漫画のように
自分の気持ちと、相手の気持ちには鈍感なエリカ。
やっと、自分の気持ちがわかりかけた時
自分の家柄と、相手の家柄で悩みます。

天真爛漫で、まっすぐなエリカと、
横暴で子どもっぽいとこはあっても
下級生から慕われ、面倒見のいいジェラルド。
周りを取り巻く友人たち。
今回もすっごくいい話。

それとあとがきで触れているんだけど、
マザーグースの唄が少し出てくるのね、毎回。
ミステリー色が濃いマザーグスの唄の
かわいくて、楽しいところを少し取れいれたのがこのシリーズなんだって。
確かに、かわいい唄なんだ、でてくるのが。
今回は、エリカが効果的に使うのだけれど
ぁぁ、やられたーーーーー。って感じで。
読んでいて、こっちまで照れて、どきどきして、涙がでそう。

後、もうひとつこの物語の魅力は
登場人物。
みんな、みんな、すごくいい子達ばかり。
残念ながらエリカと仲良しとはいえない子達もいるけど
いつかは分かり合える。
でもそれはこの後のお話、きっと。
スポンサーサイト
2008-08-20 10:41 | カテゴリ:  花咲く丘の小さな貴婦人
花咲く丘の小さな貴婦人林檎と花火とカエルの紳士 (コバルト文庫 た 16-31)花咲く丘の小さな貴婦人林檎と花火とカエルの紳士 (コバルト文庫 た 16-31)
(2007/10/01)
谷 瑞恵

商品詳細を見る



シリーズ2作目です。
やっぱり、面白い

女子校で、まとめ役に任命されたエリカ。
それぞれ、協調性のない生徒たちをまとめられるのか。

他にも読みどころはあるのだけど今回のメインはこれかな。

男の子が怖い新入生。
(男の子はカエルでできているんだって!!)
前回に引き続きエリカを慕う友人たち。
出会いからして最悪で会えば憎たらしい言葉をはく
男子校のリーダー、ジェラルド。

ガイ・フォークス・デイのお祭りをメインに話はまとまっている。

でも女の子同士って、どうしてこんなに楽しそうなんだろw
読んでいるこっちまでがうきうき楽しい気分になってくる。
夜にエリカの部屋でするハロウィンの夜の占い。
「林檎を食べながら鏡を覗くと、将来の結婚相手が見えるんですって!」
「誰も映らなかったら、オ-ルドミス!?」
「駄目!怖くて見れない!」
すっごく、すっごく楽しそう~~~。

あぁ、うちにも、異国のおばあさまいないかなぁー。
できれば、伯爵とか、お城とか持ってたり。
2008-08-20 10:38 | カテゴリ:  花咲く丘の小さな貴婦人
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
花咲く丘の小さな貴婦人―寄宿学校と迷子の羊 (コバルト文庫)花咲く丘の小さな貴婦人―寄宿学校と迷子の羊 (コバルト文庫)
(2006/12/22)
谷 瑞恵

商品詳細を見る


これ、すっごく好き!!

今もやっているのかわからないけど
日曜の朝とか夜に放送していた名作劇場みたいな番組、
「小公女」「あしながおじさん」
「明日のナージャ」とか、そういった雰囲気の話。

イギリス人の父親と、日本人の母親のもとに生まれたエリカ。
母親を亡くして、父親といろんな国を旅をして回るのだけど
故郷には帰りにくいと父親は言う。
祖母は結婚を許してはいないと。
エリカが16歳になったら一緒に帰って、一緒に謝って欲しいと父に言われ
祖母と、父との架け橋になろうと心に誓う。
しかし、16歳になるのを待たずに父は他界してしまう。
一人でも祖母を訪ね 父の話をたくさんしてあげようとするのだけど、
会ってすらくれない・・・・。
父の実家はイギリスのその町でも有名な貴族のお屋敷だった。

とまぁ、ベタな話。
いろんな展開にはらはらするし、
うわぁーーーーーっベタ過ぎやん!!
(通うことになった学校で仲良くなった女の子から
打ち明けられた秘密がなんと・・・・・!!!!!)
とにかく、いい感じの本なのです!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。