-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-04 01:11 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
24r

三部作もいよいよ フィナーレ。

ほんとあっという間に観終わった・・・・。

と、思ったらエピローグが長かった

それから4年がたって・・・・みたいな感じで。

といきなりエピローグの話から始まったけど

二つの塔がいい感じで終わったから
いいところから始まって
戦いもクライマックス!!

さぁ!みんなで助けに行っちゃうよっ!!
でも、数が少ないのよ、どうしようか

とそんな感じで話は進み・・・・。

最後の最後、フロドチームのためにアラゴルンチームが捨て身の作戦に出た!

その時のギムリとレゴラスの会話がよすぎて
あたしってばテレビの前で思わずニンマリ。
怪しい人になっていたよw

多勢に無勢の状態で敵に囲まれたアラゴルンチームの中でギムリが「エルフの隣で死ぬのかー 」というのね。
ドワーフであるギムリはもともとエルフをライバル視していて好きでないの。
でも、一緒に戦いの旅を続けるうちにエルフであるレゴラスに友情を抱くようになっていて・・・。
その「エルフの隣で死ぬのか、チッ」の台詞を受けてレゴラスが「友の横で眠ると思えばいい」みたいなことを言うのね。
んでギムリが「それは悪くないな」とにんまりするのよ。
もう、あたしってば友情とかそういうのにはめっちゃ弱いのよ。。。。
顔はにんまりしてても鼻の奥がジーンってきて思わず涙が。。。。

フロドの方は指輪の誘惑に負けないで指輪を滅ぼす旅をしていたんだけど、最後の最後で。。。

このシーンを観て実はちょっとほっとしたんだ。
だって、誰もが指輪の誘惑に勝てないとか言ってるのになんでこの子はうち勝ててるん?重荷だ重荷だ、つらいとかいいながらも誘惑に勝ってるなんて、なんかリアルでなーい。
でも、なんとなくこの展開も嫌だけどなぁ。すっきりしないなぁとか。。

と、突っ込みをいれたらきりがないよね。

でもでも、すごく好きな話なんだよ。
こんなに、文句言ってるけどw

ラストシーンのサムの家がすごくすごく好みでめっちゃ可愛いの!!!
画像がなくってはれなくてほんと残念!!!!
スポンサーサイト
2011-10-30 23:08 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
23r

指輪を葬るために結成された旅の仲間たちは
第1部の「旅の仲間」の最後にある出来事がきっかけとなり
別行動をとることとなるんだけど。。。。

この第2部からサウロンとの戦いが本格的になってくるのね。
比べちゃ駄目なんだろうけど
戦いが「レッドクリフ」とちょっとかぶっちゃった。

でもねっ!!

こっちの方が断然いい!!

絶対にいい!!

レッドクリフの第1部の方の後半、なんとかって戦法で闘うんだけどそりゃあもう戦いのシーンが長くって長くって、あたし寝てたもん(汗
ハッ!ってなって起きてまた寝てしまうという。。。

でもでも、このロードオブザリング、寝るどころか

あたし、正座w

「ぉぉ~~~~

なんて、手をたたいたりw

それまで全然眼中になかったアラゴルンがなんだかちょっとかっこよく見えたりw
うまのたずなをとって下からひらりと乗るシーン。
めっちゃすごい。

あ、でもあたしは

27r

はぃ。レゴラスですw

絶対絶対いいんだよ。
繊細そうな感じも、誠実そうな感じも
強そうに見えないけどめっちゃ強いとこも
めっちゃいい。

二つの塔は1作目の「旅の仲間」よりも更にのめりこんで
ほんと時間があっという間。
戦闘シーンはほんと圧巻。
ほんと、どきどきどき・・・・・。

あたし的には フロドチームはいいから勝手に行ってて。
ついたら教えてね。てきな感じでw

というのは冗談だけど

フロドはなんで指輪の誘惑に勝てるんだ??
と、ちょっと疑問。
ホビットだから?

ま、とりあえずそこはいっか。

それと忘れちゃいけないのが
メリーとピピンチーム。
ちっこい二人が木々たちになんとか戦いに参加してほしいと言うんだけどなかなか参加してくれなくって・・・。
そこで第1部での伏線回収、かな。
第1部でサルマンの手下のオークたちが
武器を作るシーンがあるんだけどね、それが伏線みたいな感じになっていたんだよ。
オークと人間を掛け合わせて新しい兵士を生み出すシーン。
あ~、ここに繋がるのか!!と。

これ観終わったの夜の11時だったけど そのまま次に進みたかった。。。

でも、手元に続きがなかったんだよぉ。
翌日の朝に手に入る予定だったので
とりあえず、11時に寝ましたw
早く寝れば早く明日になるっ!!

週末万歳!w

というわけで今週末は過ぎていったのでした・・・・。
2011-10-30 15:34 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
旅の仲間1

いまさら感がたっぷりだけど
ようやく観ました。
3部作一気に!!!

長時間だけど、あっという間。
この世界観はすごく好き。

だけど、よくわからない点がいっぱいで(汗

プロローグからして
???だったし(滝汗

指輪が何個か作られて それぞれがエルフの代表、ドワーフの代表、人間の代表がもってそれぞれを治めるんだけど実は ひそかに指輪はもう1つあった。それは闇の冥王サウロンが作った滅びの指輪。残忍さと力を秘めた指輪。

まぁそんな感じなんだけど
その最初の指輪はだれが作ったの?
んで、その指輪はどうなったの????

ガンダルフが助言を求めに行った先で捕まっちゃうんだけど
どうやってそこを逃れたのかわかんない・・・・。
牢獄に入れられちゃって、出られなくって、
でも蝶が飛んできてそれを捕まえたら 師匠と闘ってるシーン…(汗
 
うーーーーん。

とにかく、そこから逃げて合流するんだけど
まぁ

その

脱出してみんなと落ち合った。

ってことでいっかw

サウロンの作った指輪を滅ぼすという話で
いっかw


でも、ホビット族のことを
指輪に一番似つかわしくない
ってくだりがあったけどなんでだろう・・・。
そこは深く考えずに、そうなんだと思うところなのかもしれない。

第1部は 指輪を滅ぼすため旅に出る。
ということではらはらしながら観ればいいのかな。

そして9人の旅の仲間のうちあたしのお気に入りは

旅の仲間2

この2人!

陽気でいたずらいっぱいで、でも仲間思い。

もう、かわいくって可愛くって仕方がない。

そして

旅の仲間3

リヴ・タイラーのきれいなこと。。。。

みんな汚い身なりで、爪の中も真っ黒だったから
ひときわきれいさが目立ってたし!w


旅の仲間4

昔の人間の王たち。
闇の指輪にとらわれて指輪の幽鬼になっちゃったんだけどなんか、憎めない。


でもやっぱりいろんなことが気になるから原作を読もうかな。
そしたらもっともっと楽しめて
色々な疑問が解けるかも。



2011-08-01 22:08 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
アデル

予告を見る限りではヒロインもかわいいし
めっちゃ面白そうだったから観たかったんだよねぇ~。

妹を助けるために古代の秘薬を手に入れるファンタジーアドベンチャーなんてめっちゃあたしのツボだし!

とまぁ出だしは 女の子版インディジョーンズ?っていう感じだったんだよ。古代エジプトのファラオのお墓で迫りくる炎を背に走る!!まさしくインディジョーンズ!

と思ったら

あれ?

恐竜の卵が孵化?
ジェラシックパーク??

ん??

コメディ?

これはどこへ進むんだ???

そして仮死状態の妹が実に気味悪いw
妹が醸し出す雰囲気がこの映画にあっているのか実に微妙な感じで
ヒロインがすごくかわいいからその路線でいけばいいのに あそこで脱ぐ意味はあるのだろうか・・・??

と言いながらも結局最後まで観ちゃいました



2010-12-19 12:59 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
men1


トラックの後ろに隠れて乗っている人たち。
どこかに運ばれている・・・?

そんな怪しい場面から始まるこの映画は まるでホラーな始まり・・・?
かと思ったのも数十秒で
すぐにトラックは国境で止められて自体は思わぬ方向へ

始まって10分もたたないうちに

あぁーーーーこれ、めっちゃ好きだわ
わくわくしちゃうw

この地球に宇宙からの亡命エイリアンが少なくとも1500はいてうまく溶け込んで日常生活を送っている。なんて!
その監視しているエイリアンの中にスタローンがいる!!!www
た、楽しすぎる・・・w

それにあの缶コーヒーのCMの原点はここだったんだねっ!!
ジョーンズってば、なにやってのよー


協定に基づき地球に侵入して来た異星人の監視を行う秘密組織のエージェント2人をジョーンズとウィル・スミスが演じているんだけど、素晴らしい
そんな地球に危機が迫っていてその危機に立ち向かうという話。
SFアクション・コメディー。


meninblack4


2人はかっこよすぎだし、イカ娘すらかわいいw
いやー 赤ちゃんってさ、人種っていうか・・・・。 
うーん
すべての垣根を超えてかわいい!!
(でも、抱きたくない

とにかく面白いんだよw

今回の困ったちゃんエイリアンは虫。
宇宙ゴキブリ・・・・。
それも巨大w

ひえぇ~~~

小難しい事、一切なし!
笑ってわくわくして
げぇ~~~ってなって!w

楽しんで観ました

でもちょっと水を差すようなんだけど・・・
ラストが気にいらないw
リンダ・フィオレンティーノはあの恰好違うっしょ。
彼女は研究者として仲間に入れてほしかった~。
それかせめてもうちょっと黒スーツにサングラスを似合うようにして欲しい・・・。
最後の最後にブーイングをしてしまった(汗)

(↑ラストシーンなんで一応反転文字にしてみましたwカーソル当てたら読めます)

そして!!
2011年5月には3が公開らしい!!
いまからめっちゃ楽しみだなぁ~~~。
元ネタはこちら(映画.com)

men3

劇場公開:1997年12月

原題 : Men in Black (MIB)
製作年 : 1997年
製作国 : アメリカ
上映時間:97分
監督 バリー・ソネンフェルド
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
キャスト: トミー・リー・ジョーンズ, ウィル・スミス, リンダ・フィオレンティーノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。