-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-23 17:07 | カテゴリ:洋画 パニック
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
アイ・アム・レジェンド 特別版 [DVD]アイ・アム・レジェンド 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ 他

商品詳細を見る


致死率90パーセント。
生き残った人口の8割はウィルスにより凶暴化。
凶暴化した人間は正常な人間を餌として生き延びる・・・。

まるでホラーなこの映画。見始めて1時間もたたないうちに挫折しかけ
だって、まるでゾンビなんだもん。

でも病気の人間なので死んだら生き返らない。
大丈夫、大丈夫と言い聞かせて観たんだよね。

そこまでして観たのは かわいいわんちゃんが出ていたから
サムというわんちゃんがめっちゃかわいくって。
このわんちゃんご主人をしっかり守ります。
そんな姿にもうあたし、号泣
「サム!サム! サムちゃんっ!!!」
テレビに叫んだけど当然聞こえるわけもなく・・・。
うちのわんこなら・・・。まずソファーの下から出てこないね。間違いなく。
だからと言ってサムは忠犬という感じはなく、まるで相棒。
一緒に音楽を聞いてバスタブで洗ってもらって嫌いな野菜は手でよけるw
ちなみにうちのわんこは嫌いなものは口にくわえてお皿の外に出します
まったくお行儀悪いったら。

映画の話に戻るんだけど、観終わった後少し放心状態に。
体にちから入りまくりで観てたからかな。
衝撃もおおきくって 気分転換に明るいのでも観ないと寝れそうにない
それにしても夜中に観なくってよかったよ。こんなん観たら寝れんくなる~。
とりあえず今夜は雨戸をしっかり閉めて寝よっかな。


追記:これ、エンディングが別バージョンあるんですねー。
なんとか観ようと思ったんだけど期限が切れていたり観れてもすごく重かったり。
でも、なんか別エンディングの方が納得できると思う。
ウィル・スミスが罠にかかった場面の解釈が別バージョンを知ったあとでは全く違うのね。

スポンサーサイト
2010-10-29 09:20 | カテゴリ:洋画 パニック
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
2012  スタンダード版 [DVD]2012 スタンダード版 [DVD]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る

マヤ文明の暦の上での世界終末論に基づく話。

この手の映画によくあるように
まず地球の異変に気がつくのは 学者。
そしてそれを上のものに言う。

大抵ここで 上の人間っていうのは
信じずに手遅れになっていくというのが
この手の映画の常とう手段なのかと思いきや…。

とんとん拍子に大統領まで話が通り
各国の首相にまで話が行き
あ、そうなんだ そういう展開なんだと思う。

ここまでが2009年の話。

そして2012年。

家のテレビで見たけど迫力がすごくてびっくり。
これ劇場で見たらすごいだろうなーってシーンばっかり。

20121

飛行機が飛び立つ瞬間は
お決まりの通り 後ろからどんどん滑走路が崩れていき
目の前は滑走路が・・・・・・なぃ・・・。

20122

そんな飛行機の操縦士が好みだったりw

なんかセリフに緊張感がなくって結構笑える。


でもあたし的に一番の見どころは わんちゃんのシーンかな。
わんちゃんは助かるのか!?
そこが一番手を握ったところ。
「がんばれ!」声をあげていたし。
いやいや、観れば声が出るから。 
と思うw

いろんな家族の話もさらっと盛り込んで
ジーンとくるシーンも数か所。

見どころ満載の映画。

日本の首相もほんの一瞬でてきてちらっと思ったんだけど

こういう状況に遭遇したら
日本の首相はどういう道をとるんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。