-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-20 12:42 | カテゴリ:ディズニー映画
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
魔法にかけられて


あ、ありえなぃっ!

なにがって・・・

絵本の中のお姫様が現実の世界に送りこまれちゃった。

いや、ここはいいのよ。
だってディズニー映画だもん。

じゃあ、何がっていうと・・・

観ながら「いや、病院送られるって」←何度このセリフを言ったかw
なんで病院に送られないのか・・・不思議だw

話の内容は
絵本の中で王子様を待つジゼルは動物たちと歌って暮らす毎日。
そんなときにその歌声を聞き付けた王子のエドワードがあらわれる。
けれどいつまでも女王でいたいエドワードの継母は二人を結ばせないためにジゼルを永遠の愛なんてない、現実世界にジゼルをつき落してしまう・・・。

そういったもの。

現実の世界でジゼルが窓から「あ~あ~あ~」と動物を呼ぶと大量のネズミと、ハトとゴキブリ…

正直、クラッとした。。。
でもね、こういう話は嫌いじゃない。
むしろ好き(念のため言っとくけど、ゴキブリは嫌いw)

絵本の中で生きていたジゼルが現実世界のロバート親子と出会い
色々騒動を巻き起こすのだけど
一方、エドワードがジゼルを探して現実世界にやってくるし、
女王の手下が毒りんごを持ってジゼルを殺しにやってくる・・・。

なんともどたばたコメディーでw

想いを伝えてー・・・
この歌の場面がとてもかわいくて素敵。
周りを巻き込みながら公園の中を歩いていく。
ほんと、ディズニーらしくてすごくいいの。

全体的に好きなんだけど、欲を言えば
ロバートと彼女に「やきもち」を焼くジゼルが見たかったな~。
なんか、胸がせつないというか表せない気持ちに気づくジゼル・・・
この気持ちはいったい・・・?
的なシーンがもっとあったらよかったのに。

この映画、続編が製作されるとか。
元ネタはこちら(映画.com)





---------------------------------------------------------------------------------------

劇場公開:2008年3月

原題:Enchanted
監督:ケビン・リマ
製作国:2007年アメリカ映画
配給:ディズニー
上映時間:108分
キャスト:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン、ティモシー・スポール、イディナ・メンゼル、レイチェル・コビー

スポンサーサイト
2010-12-02 23:16 | カテゴリ:ディズニー映画
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
toy1

3を観るために1と2を最近観なおしたんだけど
回を追うごとにどんどん面白くなっているんだな。

大抵の映画って1が面白くて2も面白くて3はこけるw
っていうのが多いけど トイ・ストーリーはほんとによくなっている!!
2はめっちゃ笑ったし、3は泣ける・・・。

3で大きくなったアンディはとうとう大学に進学。
引っ越すためにおもちゃたちを整理するんだけど・・・・。

ちょっとした手違いからおもちゃたちはどんどんアンディから離れていくんだよね。
観ていて 最後はどうなるんだろうって本気で心配。

それにしても、あのくま!!
「サイテーッ!!」思わずテレビにつっこんでました(汗)
いや、作り話だから。
そこまではいりこまんでもw



ところであたしは断然ウッディ派なんだけど。
最後の最後まで気を抜けません。

ラストはほんとに泣けます・・・。

あ~~~

劇場に観に行けばよかったよ!!
大画面で観たかったよ。

まだ観てない人は損してるよ!w
3だけ観ても面白いけど出来れば1からみてほしいかも。
1はねー、ウッディ性格悪いよw

toy2



出来るものなら・・・・

数年後、そうだな4,5年後くらいに続きを作ってもらいたいな。
3をみた人たちが記憶も薄れた頃。

相変わらずのおもちゃたちで。

今度はアンディの子どもに受け継がれていく。
そんな感じがいい。
「トイストーリー フォーエバー」というタイトルで。
(フォーエバーと、4を実はかけているw)
時が流れていく中でもウッディたちはいつまでも変わらない。
そんな話がってもいいよね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。