-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-31 00:06 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
天空の城ラピュタ [DVD]天空の城ラピュタ [DVD]
(2002/10/04)
田中真弓横沢啓子

商品詳細を見る


今日はお仕事がお休みだったので、
朝ご飯を食べながらゆっくりラピュタを見ました。

ジブリの中で一番何が好き?って聞かれたら
ナウシカと悩みながらも
ラピュタって言います。
あぁ、ナウシカも捨てがたい・・・。
でもやっぱりラピュタ。
ナウシカも大好きなんだけど、
ちょっと自然破壊だの環境破壊だのが
鼻につくところがあるんだよね。
そこがいいとこでもあるんだけど。

ラピュタをみたことがない人は
そうそういないとは思うけど
どんなおはなしかと言うと
今から数百年前にあったという天空の城、ラピュタ。
そこには高い文明があり要塞としての機能も備えた天空の都市だった。
ある日、政府の人間が少女シータの元にやってくるところから
物語ははじまる。
シータを利用してラピュタを探そうとする政府の人間、それと空賊からも狙われて
逃げるシータは、パズーと出会う。
そして・・・・。


んで、ラピュタには夢がある。
この空のどこかにきっとラピュタはあるんだよ。
いまでもきっとロボット兵がお花をつんで、
見回っていいるんだよ。
そういうところがいいよね。

好きなシーンはやまほどあって
ラストの上っていくシーンとか、
2人が手を合わせて前に差し出し、呪文を唱えるとこ。
ドーラの足の間から、パズーが顔を出すとことか
シータが料理を作っているとこを、窓越しに覗いて
ドアを開けたら・・・とか・・・

でも一番すきなのは夜のシーン。
2人で見張りをしているところ。
すごく好きなシーンです。
あまり言っちゃうとこれからみる方の楽しみ奪っちゃうから
いえないけど、本当に、いいシーンなんですよ!
ジーンときて、ちょっと吹き出して、そのあとドキドキです。

ラピュタは音楽もすごくいいよね。
映像もすごくいい。
お話自体もスケールが大きくて
夢もあってすごくいい。
何度みても、いいものはいいんですー。

今日は1日ラピュタの気分でした。
いい気分で寝れそう^^
おやすみなさい。
スポンサーサイト
2009-03-25 23:36 | カテゴリ:海外ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ テーマ:海外ドラマ(欧米)
24-TWENTY FOUR- シーズン6 ハンディBOX [DVD]24-TWENTY FOUR- シーズン6 ハンディBOX [DVD]
(2008/12/17)
キーファー・サザーランドメアリー=リン・ライスカブ

商品詳細を見る


24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]
(2009/03/19)
キーファー・サザーランド

商品詳細を見る


本も読まずに毎日DVDばかり見ているのですが・・・・。
今見ているのは「24」シーズン6
3月19日にシーズン7に繋がる「リデンプション」がレンタル開始になったので
おさらいもかねてみているのですが・・・。
ながいっ!!
だって、なんせ24時間だもんね・・・・(汗)

でも、より楽しむため!!
あと3時間を残すのみ。
それが終わったら心行くまで「リデンプション」を楽しみます。
これには、シーズン7の第1話が収録されているとか。
シーズン7のレンタル開始は7月なので
今見ちゃうと、続きを7月まで待たなきゃ!!
そんな我慢できるんだろうか・・・・(うーん)

「24」の面白さは
緊張感がずっと続くということ。
毎回ジャックとCTUがテロリストを追って行くのだけど
なかなか敵までたどり着けなんですよねー。
細い糸をたどっていくの。
その細い手がかりはいつも1つ。
それを追う→手がかりが消える→新しい手がかりをつかむ。→消える(逃げられる)→新たな手がかり発見。
それの延々繰り返し。
まるでドラクエのよう。
ドラクエも常に目標は一つで、それをクリアしないと次の段階に行けなんですよねー。
町から出してもらえないとか、橋が渡れないとか。
そんな感じで、ジャックたちはいつも1つの手がかりしかないのん。

そしてありがちなんだけど
CTU内でいろいろな人間同士の絡みがある。
元夫婦、三角関係(?)、現夫婦
いろいろな思惑もあり、内部スパイがいたり。
さらに、表に出せないアメリカ、ロシア、中国、、、、などの事情。
駆け引き。
お互いに弱みをつかみたいし、つかまれたくない。
ここらへんの絡みも面白い。
もちろんホワイトハウス内での裏事情。

とにかく24時間ノンストップで目が離せない!

ジャックーーーーーっ!!

2009-03-24 11:56 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/18)
福山雅治柴咲コウ

商品詳細を見る


3月19日レンタル開始。
ということで、早速借りてきました。
自称ゆる~い福山ファンなのでw




んでもって感想。
堤真一がうまい!
そしてかわいそう。
いろんな意味で(汗)

ストーリーは申し分ないほどいいお話。
アパートの隣同士の花岡(松雪泰子)と、石神(堤真一)。
花岡に密かに思いを寄せる石神が
ある夜、花岡が元夫を殺害したことを知り
完璧なアリバイ工作を計画する。
それに興味を持ったのが福山くん扮する物理学者の湯川。
警察もお手上げのこのアリバイを湯川は崩せるのか・・・?

そして・・・
最後に石神の本当の狙いがわかった瞬間、
ぇ~~~~~かわいそう~~~~。
と、号泣。

実は、湯川と石神は大学の同期。
当然2人の絡むシーンも多いわけです。

それにしても堤さん演技がうまいです。
もったいないなぁというのが
この映画を見ての一番の感想。

松雪泰子はとってもきれいで、さすが女優さんだ!と
感動してしまいました。

そして、やっぱり福山君はドラマ向きですね~。
テレビで、きゃーきゃー言ってたほうが楽しいです♪






2009-03-23 22:24 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]
(2006/08/11)
役所広司松たか子

商品詳細を見る


『ザ・マジックアワー』が素晴らしく面白かったので
他の三谷作品もぜひぜひ観たいと借りてきました。

「みんなのいえ」→「有頂天ホテル」の順で見たほうがちょっと楽しめるかも。
とアドバイスをもらっていたのですが
ツタヤで「みんなのいえ」を探すことが出来ずに
「有頂天ホテル」を観ることに。
最初の方のシーンに、出ているんですね。
「みんなのいえ」にでてた2人が。

んでんで
これも、おもしろいねー。
何がって、話が絶妙にうまく絡んでいるのが。
役所浩司が元妻に見栄を張るシーンがなんとも言えず
みてられなくて切ないのだけど、
いろいろなエピソードがちょっとづつ交差して
ちょこちょこ伏線が張ってあって
最後にうまくまとまる。
うまいなぁーと思わずにんまり。

そして三谷作品はなんせ、豪華キャスト。
脇役からも目が放せない。
館内アナウンスまでもが豪華。

ストーリーはもちろん、
いたるところ隅々まで楽しめます。

さて、次は何を観ようかな♪

2009-03-20 22:11 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡

商品詳細を見る


観ましたーーーーーーーーーっ。
すごくすごくすごーーーーーっく!
面白かったですよ!

実は恥ずかしながら初三谷作品です。

いままでどうもなぁ・・・と避けてきてたんですけどね。

もうね、もうね、

佐藤浩市さいっこーーーーっ!!!

ペーパーナイフのシーンに大爆笑!!
あの演技。わざとらしい演技!!
うまいねぇ~~。
そしてそれをさらに引き立てているのが
西田敏行。
この2人の絡みが絶妙におもしろいっ!

実はこれ、妻夫木くん妻夫木くんと騒いでいたらバイト先の人が
「これ面白いから観てみ~」って持ってきてくれたんだ。
三谷作品はどうも避けていたんだけど
せっかく持ってきてくれたんだし・・・と思い切ってみたら
めっちゃ面白かった!
妻夫木くんはどこいった?って思うぐらい
佐藤浩市が(爆)

深津絵里はなんかなぁ~ な役だったんだけど
ラストにいい味出してた。
ここでもやっぱり、西田敏行が フフフ。

そして、脇役の綾瀬はるか~~~。
かわいい~~~~。
すごくかわいい^^

でも、やっぱり佐藤浩市だよねっ!!
しつこいけど。

どんなはなしって?
えっとねー
町のギャング(西田敏行)の愛人(深津絵里)と妻夫木くんができちゃって、
それが西田敏行にばれたところから話は始まるのね。
怒った西田敏行は妻夫木くんと深津絵里を殺しちゃおうってことになるんだけど、
もし妻夫木くんが幻の殺し屋デラ富樫を5日以内に連れてこれたら、
命を助けてついでに自由にしてやるということに。
当然5日でつれてこれるわけもなく偽者を連れてくることに・・・・。
それが佐藤浩市ってわけ。
その佐藤浩市は売れていない俳優の役なんだけどね・・・それがすごい!
なにがすごいって?
それは観てみなきゃね~~~。



2009-03-20 14:36 | カテゴリ:  誉田哲也
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)
(2008/12)
誉田 哲也

商品詳細を見る


『武士道ー』シリーズで誉田さんにはまって続けてこちらも読みました。
まったく違うね~。武士道シリーズと。
でも、ジウも女の人2人が主人公。
行動派の、基子と 人情派(?)の美咲。
最後まで、いいこいいこの美咲の性格はイマイチ好きになれないけど
面白かった。
厚いけど、さくさく読めるのであっという間に読み終わっちゃう。
Ⅰは武士道の2人を連想させるものがあって、ある意味武士道の原点の2人?とか思うのだけど
Ⅱに入って、このあとどう展開していくんだろう????本気で心配してみた。
Ⅲになると、このなんだ展開??とついていけなくなるんだけど最後のオチでどうしようもなく涙。

Ⅲのぶっ飛んだ展開も最後のオチに繋がるものだったんだね。

すごく面白かった。
入っているSNSのマイフレさんのオススメだったんだけど
ありがとうですね。
次は、『ストロベリーナイト』かな~。
2009-03-18 21:02 | カテゴリ:*さ行の作家*
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫)パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫)
(2008/07)
関口 尚

商品詳細を見る


ぜひ、読んでください。
よかったら・・・。
もう、ぜひぜひ読んで欲しい本です。


映画のノベライズなんですけど
わかりやすいし、読みやすいので
数時間で読めます。
早い人なら1~2時間で読めるかも。

ファンタジーっぽい表紙ですが
ファンタジーではありません。

どういう本かというと・・・。



大金持ちだけど意地悪な年寄り大貫。
その大貫が入院先で記憶障害のパコと出会う。
意地悪な大貫が、はじめて涙を流したり、
毎日パコに絵本を読んであげたりと
心温まるお話です。


入院先の患者さんや、看護師さん、医師のキャラもおかしく
笑えるんですよー。
あ、でもお笑いの本ではないですよー。

絵本の内容はまぁ、おいといて・・・。(ぉぃ)
2009-03-17 21:35 | カテゴリ: 米澤穂信
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
(2006/04/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る


「小市民」シリーズ第2作。
狐の小鳩くんと
狼の小山内さん。
中学のころの自分に決別するために目指す小市民。

地味で、いても不思議ではないけど、いなくても不思議ではない。
目立たず騒がず、ひっそりと。
そんな小市民を目指す2人の夏休み。
ちょっとした日常ミステリーを解きつつ
事件に巻き込まれて(?)いきます。

そして、ラスト。
米澤さんは、事件が終わった後が長い・・・・(汗)



でもでも!
あぁ・・・こんな風に終わるなんて・・・・。
切ないです・・・・。
早く続きが読みたい!
2009-03-16 19:46 | カテゴリ:  伊坂幸太郎
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



いまさらですが・・・。
読了です。

あぁぁぁぁぁぁ。

何で今まで読んでいなかったんだろう???
もっと早くに読みたかったよぅー。

去年読んでいれば、間違いなくマイベストやった。

現実感がありそうで、なさそうで、やっぱりないなと思いつつ。

ラストがよかった。
すごくすごくよかった。
じーーーんって心の中でなった音が聞こえた!
いや、まじで。
油断しててやられたーーー。


   

後日談ですが・・・・

人に本を薦めるってほんとむずかしい。

『ゴールデン・スランバー』にえらく感動したので
これは読まなきゃ損だよと
買って友人に渡したところ・・・・

つい先日「読み終わったー」と(本を渡してから約1ヶ月後)。

「どうだった?どうだった?」(わくわく)と聞いてみたら。

「うーーーーん」っていう返事。

「ながいよ、これ。たった4日間の出来事でしょ?」って言われた。

いや、たしか2日間だったはず。。。

お気に召さなかったらしい。シュン。

その友人と同時期に違う人にも進めたところ
そちらはすぐに図書館から借りてきて2日間で読み終わったけど
こちらも
「気に入らない」だそうで。クスン。

「森の声のあの人がーーーなるのが許せない」そうです。

統計的にもきっと気に入る人のほうが多いと思ったんだけどなぁ。。。。


ここからちょっとネタバレいきます!!
未読の方ご注意を!






この本のいいところはラストのオチ。
外国映画なんかでは、主人公が巨大な相手に立ち向かって
正体を暴いたりするんだよね。
本を薦めた友人なんかはそういうのを期待していたよう。

でもね、それは問題じゃないの。
どうにもならないことって世の中あるわけで
格好いいことなんて実はそう多くないんだよね。
いままで、人生うまく立ち回りできなかった主人公が
どうにもならない中で、できる限りのことをした。
それはうまくいって、逃げ切れた。

そしてそれを伝える「痴漢は死ね」
そしてもらった「たいへんよくできました」
口にはださずともそれぞれに伝わる。




そう、逃げ切れるかどうかが重要だったわけ。


2009-03-16 19:22 | カテゴリ: 米澤穂信
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る




えーーーっと。
一人米澤祭り開催中♪

前回の『インシテミル』に引き続いてこちらも読みました。
うまい具合に図書館のリクエストが届いたので。
短編集なんだけど、これ、1作目からはまった!

うまい具合に黒いんだな。
うわぁ~・・・・(汗)っていう感じの黒さ。
後味の悪さというかなんというか。
読みながら本当にどきどきしてた。

それぞれが独立した話なんだけど、細い線で繋がっているんだよね。
『バベルの会』という細い糸。
そして最後の書き下ろしの「儚い羊たちの晩餐」に繋がる。。。。

いままでの、米澤さんのお話とはまた一味違った面白さ。
「小市民」シリーズなんかも好きだけど
こういうのいいなぁ。
これ、シリーズ化してほしいな。
この後どうなって行くんだろう。

2009-03-08 22:34 | カテゴリ: 米澤穂信
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
インシテミルインシテミル
(2007/08)
米澤 穂信

商品詳細を見る


米澤さんの作品を読むのはこれで3冊目。
らしくない??と思いながらも読み進めていく。
でも、後半からラストにかけてが やっぱり米澤さんらしいのかと思った。

結論から言うと、「うん、おもしろい!」

でも、残念なことに
ミステリー通でもなんでもないこももには
ただ面白いとしかいえなかった。

きっと本格ミステリーを読んでいて、ミステリー通の人たちには
米澤さんの遊び心がわかってより楽しめたのではないかなぁと思う。

『そして誰もいなくなった』を少しモチーフにしているんだよね。
残念なことに、この本を持っているのに読んでない・・・・_| ̄|○
もったいないことしてるなぁ~
っていうわけでこれを、まず読もう。

『インシテミル』もそうだけど、ちゃんとミステリーを知っていて読むと
より面白いと思える話はとっても多いので
これを機会にミステリー用語やいろいろなことを勉強していきたいなぁと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。