-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-26 19:26 | カテゴリ:  宇江佐 真理
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
恋いちもんめ (幻冬舎文庫)恋いちもんめ (幻冬舎文庫)
(2008/06)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


うん。いいねー。
なにがいいかって
複雑なことは何もない。
時代物大人の少女小説の王道ですね!

ちょっと気の強い主人公、お初。
お初と一緒になりたいと突然現れた栄蔵。
この二人を中心に物語りは進むのですが・・・・。

頼りないお初の兄や、栄蔵のことを好きな女の子が登場したり
障害の要素がてんこ盛り。
はてさて2人は結ばれるのでしょうか!?

ただちょっと気になるのは
これで宇江左さんの本を読むのは3冊目なのですが
必ず、男の人が女の人に手を上げます。
それも思いっきり。
この時代っていうのはそういうものなんでしょうか?
どうしてもそこがいやなんですけどねぇ。。。。

でも読ませる力は抜群!
とても面白く読みました♪


スポンサーサイト
2009-05-24 09:52 | カテゴリ:  宇江佐 真理
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
雷桜 (角川文庫)雷桜 (角川文庫)
(2004/02)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


小さな藩堺の村で激しい雨の夜
初節句を迎えた1歳の女の子が消えてしまう。
それから十数年してひょっこり女の子は戻ってくる。

解説に書いてあったんだけど
宇江佐さんにとっては異色のお話らしい。
明るく陽気な語りではなく
どちらかといえば幻想的。

おばあさんが人にせがまれて
話を語りだすという設定なんだけど
何でそんなことまで知っている??
というやや強引な感じのする導入。
身内でもなく、隣の小さな村の家の話なのに・・・。

それでも宇江佐さんの読ませる力はすごいね。
最後まで飽きずに一気に読み切ったよ。
宇江佐さんのお話は恋愛の話が絡むの。
その時代 みんなが好きには生きられない
自分の立場を自覚してそれに見合った生き方をする。
その中で好きな人に出会って結ばれるといいのに・・・。
身分が上になるほど自由には生きられないんだね。
えらい人間もつらいものだ・・・・。

涙は出なかったけど
余韻の残るお話でした。





2009-05-24 01:00 | カテゴリ:  宇江佐 真理
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)
(2007/07/14)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


さてさて、あたしゃすっかり時代小説のとりこ(?)になってしまったよ(汗)

入っているSNSで宇江佐 真理さんがいいとみなさま言うし、
ふわふわ卵の話から入ると入りやすいよと助言もあり
読み出したら・・・・・

これがもう止まらない。
個人的にはね、それってどうよと思うシーンもあるけどさ。
奥さんに手を上げるなんて!!
あぁ、もう信じられない。
それになんて意地悪なんでしょう!?
と、腹も立つわけ。

でもね・・・・
それでも読むのが止まらないの。
もうすぐ晩ご飯の時間でおなかもすいているんだけど
読み終わってからでいいやって思っちゃう。

嫁ののぶちゃんもそれってどうなん?
と思うところはあるけど
最初からできた夫婦ってないもんね。

途中で何度か涙して、
ラストにちょっぴり不満あり。

でもとっても楽しいお話でした。



2009-05-17 16:38 | カテゴリ:  藤沢周平
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
蝉しぐれ (文春文庫)蝉しぐれ (文春文庫)
(1991/07)
藤沢 周平

商品詳細を見る


表紙がねぇ、、、、、好みでないんです。
なので、読みたいと思いつつも
いまいち食指が動かず、とうとう1年も温めていました。
んでもって、
この前読んだ『ほうき星』でにわかに時代物にはまって
そうだ、そうだと出してきた本なんだけど
すごく読み応えあります。

下級武士の話なんだけど
かわいそうというか
そういう時代なのかというか
でも、悲観的な話ではないのですが
うーん、
どう表現したらいいのか。

とにかくね、読んでみたらわかります。

読んでよかったなと思います。
読み出すとどっぷり浸って
止まりません。
恐るべし、藤沢周平(汗)

つづいて『密謀』読んでいます。
こちらはさらに長編の上下巻です。
2009-05-14 20:36 | カテゴリ:  山本 一力
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
ほうき星 上ほうき星 上
(2008/12/26)
山本 一力

商品詳細を見る


ほうき星 下ほうき星 下
(2008/12/26)
山本 一力

商品詳細を見る


江戸人情物語。
ほうき星の流れた夜に生まれたさちの物語。

時間軸がいったりきたりで、それもさち、さちの両親、さちの祖母と
話はいろいろ混ざるので最初は読みにくいけど
慣れてしまえば一気読み。

さちの不幸な身の上というよりは
心の優しい人たちに囲まれて
育っていくという安心して読める話。

ところどころ詰めが甘いな、とは感じるのですが
とっても気持ちよく読めます。
下巻にはいってさちの恋の話も交わって
どうなるのか本当に不安。
読み終わるまでは寝れませんでした。

こういう人情ものは大好きです。
時代物もいいなぁと思える本でした♪
2009-05-11 14:44 | カテゴリ:  誉田哲也
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
WEBで連載した4話に香織と早苗の最後のインターハイが書き下ろしで入ります。
7月下旬の刊行予定! お楽しみに! 

情報はこちらから

映画化といい、新刊発売といい
最近すごく勢いを感じます、誉田さん。


楽しみ、楽しみ~~


2009-05-10 23:29 | カテゴリ:  五十嵐 貴久
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
パパママムスメの10日間パパママムスメの10日間
(2009/02/06)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る


まぁ表紙を見れば誰が誰になるのか・・・
わかるよね。

『パパとムスメの7日間』の続編です。
今度はパパママムスメの3人の心が入れ替わってしまうお話。

前作は読んでいないのですが
テレビドラマがとっても面白かったので
楽しみに読んでみました。

結論から言うと少々展開が読めるけど
面白い!!!
ただ、前置きが長いっ!
3人の視点が交互にかかれて進んでいくのだけど
これがねぇ・・・
同じ時間を3回繰り返すんだもん。
最後までこの調子ですかー?と途中でいったん放置。
4,5日してから気を取り直して
続きを読み始め。
そして3人が入れ替わって
しばらくしてからが早かったー。
やっぱりというか、面白い。
一気読み、一気。
止まんないんだもん。

ママ(中身はパパ)の牛肉購入事件とか。
(いや、事件っていうほどでないけどね)
ママ(中身はパパ)がママの大事なスーツを着ちゃう場面は
ちょっとママに同情。
あぁ、でも一番はパパ(中身は小梅)とケンタ先輩とのシーン。
どうしてもドラマのように舘さんが思い浮かんで笑えるw

早くドラマ化しないかなぁ~。
またあのきゃぴきゃぴした舘さんが見たいですw
というか、あれはきっと舘さんを意識して書いてるねっ!
2009-05-08 09:55 | カテゴリ:  誉田哲也
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
疾風ガール (光文社文庫)疾風ガール (光文社文庫)
(2009/04/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る


誉田さんの本はまだ3作目。(ジウと武士道と本書)
でも、読んだ本はどれも読みやすいし、一気読み確実。
力まずに読める。

んで、この『疾風ガール』バンドをやっている夏美と
プロダクションのスカウトをする祐司との
交互の視点で書かれている。

バンドものかぁ~。どうなんだろうねぇ。好みでないかもなぁ。
とか思いながら手にとって
読み始めたんだけど、これが結構面白い。

音楽をね、文字で表現ってすごく難しいよね。
表現しすぎるとくどいし 読んでいるノリも悪くなるし。
そんな懸念が少しあったんだけど
そこらへんはわりとあっさりで
音楽ものというよりは
夏美の成長(?)が重点だった本、なのかな。

今読みかけの本が純文学で面白いんだけど
なかなかページが進まないんだよね。
その合間に読める気軽な本でした。

最近続編の『ガール・ミーツ・ガール』が出たんだよねー。
早く読みたいな。
だって『疾風ガール』ね
「さぁ、これからよっ!」ってな感じで終わるからさ。

2009-05-01 20:10 | カテゴリ:  辻村 深月
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る



やればできるやーん。

だって 下巻580ページだよ。2日で読んだー。すごいすごい。
(上巻は展開がどうも遅い気がしてなかなか進まなかったのだけど、下巻はすんなり読めたー。)

初・辻村作品です。


気にはなっていたけど、その厚さゆえになかなか手が出なかった本だったので読むきっかけを作ってくれたフレンドさんに感謝感謝。

こういうお話だったんですねぇ。
センター試験前の雪の降る日。。。
遅刻かと思って登校した数人の生徒。
でも、時間がたっても校舎にはだれも登校せず、
そして数人の生徒のうち1人、また1人と消えていく。

時期的にも、あっててよかったです。
んでもって、これってSFなんですかねぇ?
ミステリーなんだと思ってたんだけど・・・・?




というわけでここからちょこっとだけあらすじに触れます!
未読の方注意です!!







いろいろな伏線が張られている中
わからない伏線がひとつ・・・。
上巻で、菅原君がライターをなくしてそれを
ホストが屋上から雪の中に捨てるシーンがありますよね?
あれって、なんなんでしょう?????
すごく意味深なシーンに描かれているのに
そこだけが最後までわからなかった・・・・。

うまいなぁと思ったのは
一人ひとりが消えていく中でそれぞれの過去が書かれているわけですが
菅原君だけが、中学時代に高校を目指すとこで終わってる。
高校に入ってからのことがないんですよね。
あれー?なんで?と思ったら・・・
そういうことだったんですよね!
んでもってヒロ。指輪。
あぁ、そういうことかと。。。。
ここらへんはとってもうまくて、思わずにんまり。

そして最後の「冷たい校舎の時は止まる」
ここの深月がどうしても好きになれない。。。
そうでないとお話しにならないのでしょうがないのだけど。
でも、もうちっと深月ちゃん、ポジティブになりませんか!?
よそ様の浴室でしちゃいけませんよ!

でも全体的にはよく出来ていると思います。
おもしろかったです。


2009年1月読了。
2009-05-01 09:52 | カテゴリ:映画のこと。
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
ちょこちょこと合間に少しずつみたけど、トータル的に結構見たなぁ。

ダークナイトを見るためにバットマンを見始めたはいいけど・・・・。
これが好みでなくって困った(汗)
とりあえず順番に見ようっと。

2009年4月月の鑑賞メーター
観た本数:13本
観た時間:1579分

 面白かった!

■ALWAYS 続・三丁目の夕日  
鑑賞日:04月29日 監督:山崎貴

■二キータ
鑑賞日:04月27日 監督:リュック・ベッソン

■劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) [DVD]
鑑賞日:04月26日 監督:山本泰一郎

■バットマン [DVD]
鑑賞日:04月25日 監督:ティム・バートン
http://video.akahoshitakuya.com/v/B000PFUC6M

■アフタースクール [DVD]
鑑賞日:04月23日 監督:内田けんじ

■ボーン・アルティメイタム [DVD]
鑑賞日:04月23日 監督:ポール・グリーングラス

■ボーン・スプレマシー [DVD]
鑑賞日:04月20日 監督:ポール・グリーングラス

■ボーン・アイデンティティー [DVD]
鑑賞日:04月19日 監督:ダグ・リーマン

■ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン
鑑賞日:04月19日 監督:ロブ・コーエン

■クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]
鑑賞日:04月18日 監督:三池崇史

■ハムナプトラ 2 黄金のピラミッド
鑑賞日:04月13日 監督:スティーブン・ソマーズ

■ハムナプトラ 失われた砂漠の都 [DVD]
鑑賞日:04月12日 監督:スティーブン・ソマーズ

■ALWAYS 三丁目の夕日
鑑賞日:04月05日 監督:山崎貴

一言感想はこちらで
こももの鑑賞メーター




2009-05-01 09:21 | カテゴリ:読了本
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
4月は、いろいろと忙しく読書の時間も思うようにとれなくて
少ししか読めませんでした。
途中で返却期間が過ぎちゃって返した図書館の本もあるので
読了数としてカウントできない本があったのも
数が伸びなかった原因かな。

どうせ時間がなくってあまり読書できないなら児童書をよーもうっと思って
読み始めたんだけど・・・。
本の選択を誤ったな・・・・。
トム・ソーヤがとっても嫌いなタイプで(爆)
楽しそうでいいんだけど、ああいう男の子好きでないんだもん。
少女文学にすればよかったなー。アンとか若草物語とか少公女とか。

来月は京都が舞台の近代文学を読もう。
とりあえず明日からちょっと出かけるので
お供の本は『細雪』谷崎潤一郎。さて読めるかな~。

2009年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2311ページ

面白い。

■トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)
読了日:04月30日 著者:マーク・トウェイン,大久保 康雄,Mark Twain

■十五少年漂流記 (新潮文庫) 
読了日:04月28日 著者:ジュール・ヴェルヌ,波多野 完治

■風の中のマリア 
読了日:04月22日 著者:百田 尚樹

■英雄の書 上
読了日:04月15日 著者:宮部 みゆき

■Xの悲劇 (新潮文庫)
読了日:04月13日 著者:クイーン

■はつ恋 (新潮文庫) 
読了日:04月12日 著者:ツルゲーネフ

■ファミリーポートレイト 
読了日:04月09日 著者:桜庭 一樹

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
2009-05-01 08:56 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド   (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) [DVD]ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) [DVD]
(2007/09/13)
ブレンダン・フレイザー.レイチェル・ワイズ.ザ・ロック.ジョン・ハナ.アーノルド・ボスルー

商品詳細を見る


すごく面白いです!
最初は意味がよくわからず、「なに?この場面?」なんだけど
「あ~、そういうことね」と、納得。
だから、レイチェル・ワイズのアイメイクがちょっと濃い目なのか・・・。

物語りは前作に引き続き復活しちゃうイムホテップのミイラ。
復活させちゃうのは・・・・なんと!
そして明かされる事実!!実はエヴリンは・・・・!!
キャー。

見所はいろいろあるんだけど
子役がかわいい~~~。
いたずらっこぽくって、どことなく「ホームアローン」ちっく。
コミカルな部分もあり「いいぞ、いいぞ~」とおもわず手をたたいちゃう。

リックとエヴリンのラブラブぶりもまたにんまり。
この2人はこうでなくっちゃね。

クライマックスのイムホテップのシーンも
笑っちゃいけないけど
やっぱり笑えちゃう(汗)

肩の力を抜いて
気楽に楽しめる映画です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。