-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-23 12:55 | カテゴリ:洋画 ホラー・サスペンス
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
逃亡者1


おもしろかった~。
ハリソンフォードはかっこいいし、
ジョーンズはジョーンズにしか見えないし(意味不明w)

ひげの生えたハリソンフォードもワイルドで素敵♪

妻殺しの容疑をかけられた外科医のギンブル。
追手を潜り抜け犯人を捜し出すのだけど
真実にたどり着いたとき・・・・。
という話なんだけど、
キンブルは「妻を殺してない」とたびたび主張するんだけどね、状況が不利でなかなか信じてもらえないの。
挙句の果てに連邦保安官は「そんなの知ったことか」とか言うんだよ。
信じてもらえないのと「そんなの知らん」っていうのはちょっと意味が違うような気も。
そんなの知らんっていうのは 「事実はどうでもいい」のかと思っちゃうよねぇ。。。
っていうか、そういもんなの???

一番ドキドキしたのはダムのシーン。
だって、高所恐怖症なんだもん。
足の力が抜けちゃったよ。
あれはすごかった~。

その連邦保安官役のトミー・リー・ジョーンズがとても好評だったらしく彼を主役に「追跡者」というスピンオフ作品の映画も制作。
これは残念ながらまだ観ていないけど、今度機会があれば見ていようかな~。
きっと、ジョーンズはジョーンズで宇宙人にしか見えないかもだけどw





 

原題:The Fugitive
製作国:1993年アメリカ
映画上映時間:130分
キャスト:セラ・ウォード、ハリソン・フォード、トミー・リー・ジョーンズ、ジュリアン・ムーア、ジェローン・クラッベ、アンドレアス・カトスラス、ジョー・パントリアーノ
監督:アンドリュー・デイビス
スポンサーサイト
2011-02-21 11:48 | カテゴリ:劇場映画(邦画)
ジャンル:映画 テーマ:映画館で観た映画
ほかにも観たい映画はあったんだけど
誘われたんで観てきました。

竹野内豊が好きだし
「ま、いっか。」
そんな程度で見始めたんだけど・・・・。

いや、竹野内豊は決して演技が下手ではないと思うんだけど
唐沢さんの存在感がすごいというか
阿部サダヲがいいというか。。。。

唐沢さんはそんなに出番はないけど
インパクトがすごくあって
どんな役でもできちゃうなぁと感心。

阿部サダヲの落ち着いた演技も
必死さが伝わってきたし。

話は第2次世界大戦も終りに近い7月のこと。
舞台はサイパン。
一時は日本が占領していたんだけどあっという間にアメリカに占領され
大本営はサイパン奪回を諦めたんだけど
それを知らない日本兵は日本の勝利を信じて最後まで戦っていたという実話に基づいたはなし。

竹野内豊は 日本兵をまとめて戦い アメリカ軍から「フォックス」と呼ばれ尊敬されたひとの役らしい。
ただ残念ながら観ていて 最初はそこら辺がよく伝わらず 竹野内豊の役どころがつかめなかったんだよね・・・。アメリカ兵たちがさすがだとか感心していて あ~、そういうことなのかとわかったけど。
敵ながらあっぱれ、みたいな感じで・・・。
もうちょっと活躍みたいなのを強調してもよかったかも・・・。

よく描けていたのは 日本兵の精神がアメリカ兵には理解しがたいってこと。
上官が部下の前で切腹とか 自分を犠牲にして捨て身で攻撃するとか。
なんで日本兵は死にたがる??みたいな感じで。。。

実話に基づいているとかで
日本兵4000人、アメリカ兵2000人が犠牲になったとかいうあの「バンザイ突撃」ででた大量の死体はどうしたのかとかすごく気になったり・・・。
ほっておいたら病気になりそう。。。

でも、そういう時代だったと言えばそれまでなんだけど
「天皇万歳」とか天皇のために命をかけるとか
もうぜんぜんわかんない。

平和が一番。


2011-02-12 13:02 | カテゴリ:洋画 ホラー・サスペンス
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
28日後

かなり覚悟して観たんだけど・・・・。

思ったほど怖くなかったな。

この↑ポスターのほうがよっぽど怖いw
っていうかすごく怖いよ、このポスター・・・。

物語は とある実験室に閉じ込められているチンパンジーを助けるところから始まるのね。
動物愛護団体なのかな「もう大丈夫、逃がしてあげるから」って檻から出すんだけど、実はこのチンパンジーたち凶暴になっちゃうウィルスに感染していて治療法はなし。
そのウィルスっていうのがとにかく感染力が強くて即効性ときたもんで・・・。

後はお決まりで助けに来たつもりが逆に噛まれて感染。
あっと言う間にウィルスは世間に広まっていく。

そしてほとんどの人が感染したころ とある病院の中でこん睡状態だった男性が意識を取り戻し、変わり果てた世界を見て・・・・。

ちょっと「アイ・アム・レジェンド」っぽい世界観なんだよね。

「アイ・アム・レジェンド」と違うのは「28日後...」は主人公はバイクメッセンジャーで一般市民。
病気を治そうというのではなく、何とか逃げなくてはというところ。

ちょっとわかりづらかったのはこの映画はウィルスで凶暴になっちゃうのはわかったけど、なんで普通の人間だけを襲うんでしょう? どう見ても普通の人間を食べてるようにしか見えなかったんですけど・・・。
凶暴になっちゃうだけなら感染者どうでも喧嘩みたいなことがあるのでは・・・。それに普通の食料も食べなくなっちゃうのはなぜ??スーパーのお菓子や食料はきれいに手が付いてなかったけど。
凶暴になっちゃっても要は病気の人間でしょ?手当たりしだいに暴れておなかがすいたらそこらへんのものを食べあさるというのならわかる。なぜにターゲットが普通の人間オンリーなのか・・・。
ま、未知のウィルスってことだからわかんないくていいのかw

後半主人公たちはラジオ放送を頼りに兵隊がいると思われる場所に何とかたどりつき保護されるんだけど
この状況で一番怖いのは普通の人間かも。なんて思っちゃった。
知恵とか思考能力ってある意味怖いよね。
極限状態で何を思いつくのかって。

あぁ、そうだ思い出した。
海外のテレビドラマ「生存者たち」もこれと同じ
主人公のアビーが朝、目を覚ましたら 世界の99パーセントの人が未知のウィルスに感染して死んでいたんだった。(1パーセントの生存者は抗体を持っていた)

話はそれちゃったけど「28日後...」は展開も早くてあっという間に観終わります。
多少疑問は残るものの 楽しめました。



追記:
去年の暮れに発売された「映画のセオリー」という雑誌。
その中の映画のプロが選んだ映画「映画ランキング」という特集で載っていたのがこの「28日後...」
この雑誌を読んでこの映画を観てみようかなって思ったんだよね。

米インターネット映画データーベース・サイト編集者が選んだこの20年のベスト・ホラームービー
1.羊たちの沈黙
2.シックス・センス
3.スクリーム
4.ゾディアック
5.リング
6.ぼくのエリ
7.28日後...

(以下略・・・)


映画のセオリー (別冊セオリー)映画のセオリー (別冊セオリー)
(2010/12/15)
講談社セオリープロジェクト

商品詳細を見る
 
2011-02-08 12:03 | カテゴリ:海外ドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ テーマ:海外ドラマ(欧米)
毎朝 FOXで「ゴースト~天国からのささやき シーズン3」を放送していてそれを観ているんだけど
この第3話は泣けたよ…。

「ゴースト~天国からのささやき」は小さいころから霊が見えて話ができる主人公メリンダが
成仏できない霊の過ちを正し光の向こうへ旅立たせてあげるのが自分の使命と信じ、
さまよえる霊と向き合い真相を解明し旅立たせてあげるという話。

この第3話はジム(メリンダの夫)の同僚のマットが戦地から帰還するところから話は始まるんだけど
どうもマットに戦地の霊がくっついてきちゃったらしい。
激しい銃撃戦を繰り返す霊たち。
この霊はマットの部下たちらしいのだけど
当のマットはこの銃撃戦の時の記憶がない。
タイムループにはまって 同じ行動を繰り返す霊たち。
なぜかそれに反応するマット。
その銃撃戦に戻ってやり直したいというマット。

なんとか力になりたいメリンダとジムは・・・・。

ちょっと考えれば真相はわかるんだけど
何故かそのことに気がつかず
真相がわかった時、泣けてしまった。
こういう話にはめっちゃ弱いんだなぁー。

2011-02-07 09:53 | カテゴリ:洋画 ホラー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
ゾンビランド

ホラーが苦手なあたしが見たいと思ったのは
痛快ゾンビ映画らしいからw
ゾンビコメディってどんなんだろうって。

いろんなところで面白いとほめていたので
劇場では無理でもDVDでなら観れるかも。

そんな感じでDVDのレンタル開始を待っていたので
さっそく借りてきちゃいました~。

まず見始めて
10分と経たないうちにちょっと後悔・・・

ゾンビたちのお食事があまりにもリアルで
吐き気が…。
げっぷはしなくていいから…(涙)
やめときゃよかったかなぁーと軽い後悔のなか
観ていたら
あっという間に終わっちゃったw

人間ってすごいね
「慣れ」ちゃうもん。
途中から食事シーンもそんなに感じなくなっちゃった。

世界がゾンビだらけになった まさにゾンビランドのなか
自ら生き延びるための32のルールを作り実践してきたオタクの少年が
両親のいるコロラドへ行こうとする話なんだけどね。

まぁ いろいろあって ゾンビ映画の定番というかお約束というか
最後にゾンビ大集合で襲ってくるんだけど
集合してくるシーンが結構好きだったりするw

お暇なら見てくださいな。
そんな感じの映画だけど
なかなか楽しめました。
続編も企画中らしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。