-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-30 23:08 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
23r

指輪を葬るために結成された旅の仲間たちは
第1部の「旅の仲間」の最後にある出来事がきっかけとなり
別行動をとることとなるんだけど。。。。

この第2部からサウロンとの戦いが本格的になってくるのね。
比べちゃ駄目なんだろうけど
戦いが「レッドクリフ」とちょっとかぶっちゃった。

でもねっ!!

こっちの方が断然いい!!

絶対にいい!!

レッドクリフの第1部の方の後半、なんとかって戦法で闘うんだけどそりゃあもう戦いのシーンが長くって長くって、あたし寝てたもん(汗
ハッ!ってなって起きてまた寝てしまうという。。。

でもでも、このロードオブザリング、寝るどころか

あたし、正座w

「ぉぉ~~~~

なんて、手をたたいたりw

それまで全然眼中になかったアラゴルンがなんだかちょっとかっこよく見えたりw
うまのたずなをとって下からひらりと乗るシーン。
めっちゃすごい。

あ、でもあたしは

27r

はぃ。レゴラスですw

絶対絶対いいんだよ。
繊細そうな感じも、誠実そうな感じも
強そうに見えないけどめっちゃ強いとこも
めっちゃいい。

二つの塔は1作目の「旅の仲間」よりも更にのめりこんで
ほんと時間があっという間。
戦闘シーンはほんと圧巻。
ほんと、どきどきどき・・・・・。

あたし的には フロドチームはいいから勝手に行ってて。
ついたら教えてね。てきな感じでw

というのは冗談だけど

フロドはなんで指輪の誘惑に勝てるんだ??
と、ちょっと疑問。
ホビットだから?

ま、とりあえずそこはいっか。

それと忘れちゃいけないのが
メリーとピピンチーム。
ちっこい二人が木々たちになんとか戦いに参加してほしいと言うんだけどなかなか参加してくれなくって・・・。
そこで第1部での伏線回収、かな。
第1部でサルマンの手下のオークたちが
武器を作るシーンがあるんだけどね、それが伏線みたいな感じになっていたんだよ。
オークと人間を掛け合わせて新しい兵士を生み出すシーン。
あ~、ここに繋がるのか!!と。

これ観終わったの夜の11時だったけど そのまま次に進みたかった。。。

でも、手元に続きがなかったんだよぉ。
翌日の朝に手に入る予定だったので
とりあえず、11時に寝ましたw
早く寝れば早く明日になるっ!!

週末万歳!w

というわけで今週末は過ぎていったのでした・・・・。
スポンサーサイト
2011-10-30 15:34 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
旅の仲間1

いまさら感がたっぷりだけど
ようやく観ました。
3部作一気に!!!

長時間だけど、あっという間。
この世界観はすごく好き。

だけど、よくわからない点がいっぱいで(汗

プロローグからして
???だったし(滝汗

指輪が何個か作られて それぞれがエルフの代表、ドワーフの代表、人間の代表がもってそれぞれを治めるんだけど実は ひそかに指輪はもう1つあった。それは闇の冥王サウロンが作った滅びの指輪。残忍さと力を秘めた指輪。

まぁそんな感じなんだけど
その最初の指輪はだれが作ったの?
んで、その指輪はどうなったの????

ガンダルフが助言を求めに行った先で捕まっちゃうんだけど
どうやってそこを逃れたのかわかんない・・・・。
牢獄に入れられちゃって、出られなくって、
でも蝶が飛んできてそれを捕まえたら 師匠と闘ってるシーン…(汗
 
うーーーーん。

とにかく、そこから逃げて合流するんだけど
まぁ

その

脱出してみんなと落ち合った。

ってことでいっかw

サウロンの作った指輪を滅ぼすという話で
いっかw


でも、ホビット族のことを
指輪に一番似つかわしくない
ってくだりがあったけどなんでだろう・・・。
そこは深く考えずに、そうなんだと思うところなのかもしれない。

第1部は 指輪を滅ぼすため旅に出る。
ということではらはらしながら観ればいいのかな。

そして9人の旅の仲間のうちあたしのお気に入りは

旅の仲間2

この2人!

陽気でいたずらいっぱいで、でも仲間思い。

もう、かわいくって可愛くって仕方がない。

そして

旅の仲間3

リヴ・タイラーのきれいなこと。。。。

みんな汚い身なりで、爪の中も真っ黒だったから
ひときわきれいさが目立ってたし!w


旅の仲間4

昔の人間の王たち。
闇の指輪にとらわれて指輪の幽鬼になっちゃったんだけどなんか、憎めない。


でもやっぱりいろんなことが気になるから原作を読もうかな。
そしたらもっともっと楽しめて
色々な疑問が解けるかも。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。