-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-04 01:39 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
十三人の刺客

ちょっといつもより画像が大きい?(滝汗)

ま、いっか。

あれ? 吾郎ちゃんがいないよ・・・。

この映画、劇場に行こうと思っていたんだけど
公開前の宣伝で山田孝之が 「後半は延々戦って斬りまくりです。」
とかいうもんだから観に行くの辞めたんだよね。
でも、気になっていたのでようやく観ました。

はぃ。 延々殺陣のシーンです。

話は 将軍の息子(養子)で老中になる予定の吾郎ちゃんが ひどい残忍でどうしようもない性格だから
困った現老中が暗殺しておくれと、役所さんに頼んだと言うお話。
んで、頼まれた役所さんは 少数ではむかうという大ばくちにでた!
ばくちに勝てるか勝てないかはぜひ観てほしいのだけど、
観てほしいのは結果ではなく、吾郎ちゃんの壊れっぷりwww

自分を狙ってやってくる刺客をみて 「楽しいのぅー」「戦乱の時代とはこんなんであったのかのぅー」やら
「戦乱の中にいると生きていることに感謝するだろうから、よしっ、自分が老中になった暁には戦の時代としようぞ^^」
もう、みてるあたしもいらっとするどころか笑ってしまったw
すごいよ、吾郎ちゃん、みなおした!!w

役所さんは「ダイワハウチュ」にしかみえなかったけど。。。。
伊勢谷さんは笑い担当??みたいな役だったけど。。。。
山田孝之の殺陣のシーンがすくないよとか。。。。

まぁ突っ込みどころはいくらでもあるんだけど

松方さんがさすが殺陣がうまい。他の人たちとは全然違った。
りきんでなくって自然で倒れ方もうまかったなぁ。
脇をしっかり固めています。みたいな役だった。

延々戦うシーンだけど思ったよりは飽きずにみれて
周りでは不評だったけどあたし的には面白かった。

ただねぇ・・・・

グロイんだよ・・・。

最初の方に出てくる女のひとが怖すぎです。
インパクトありすぎで目に焼き付いて参りました。





あとね、なんだか藤沢周平さんの「用心棒日月抄」がすごく読みたくなった。
今夜はちょっと読んでから寝ようかなぁ。
といっても、もう夜中の1時半過ぎてる・・・。
スポンサーサイト
2011-11-04 01:11 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
24r

三部作もいよいよ フィナーレ。

ほんとあっという間に観終わった・・・・。

と、思ったらエピローグが長かった

それから4年がたって・・・・みたいな感じで。

といきなりエピローグの話から始まったけど

二つの塔がいい感じで終わったから
いいところから始まって
戦いもクライマックス!!

さぁ!みんなで助けに行っちゃうよっ!!
でも、数が少ないのよ、どうしようか

とそんな感じで話は進み・・・・。

最後の最後、フロドチームのためにアラゴルンチームが捨て身の作戦に出た!

その時のギムリとレゴラスの会話がよすぎて
あたしってばテレビの前で思わずニンマリ。
怪しい人になっていたよw

多勢に無勢の状態で敵に囲まれたアラゴルンチームの中でギムリが「エルフの隣で死ぬのかー 」というのね。
ドワーフであるギムリはもともとエルフをライバル視していて好きでないの。
でも、一緒に戦いの旅を続けるうちにエルフであるレゴラスに友情を抱くようになっていて・・・。
その「エルフの隣で死ぬのか、チッ」の台詞を受けてレゴラスが「友の横で眠ると思えばいい」みたいなことを言うのね。
んでギムリが「それは悪くないな」とにんまりするのよ。
もう、あたしってば友情とかそういうのにはめっちゃ弱いのよ。。。。
顔はにんまりしてても鼻の奥がジーンってきて思わず涙が。。。。

フロドの方は指輪の誘惑に負けないで指輪を滅ぼす旅をしていたんだけど、最後の最後で。。。

このシーンを観て実はちょっとほっとしたんだ。
だって、誰もが指輪の誘惑に勝てないとか言ってるのになんでこの子はうち勝ててるん?重荷だ重荷だ、つらいとかいいながらも誘惑に勝ってるなんて、なんかリアルでなーい。
でも、なんとなくこの展開も嫌だけどなぁ。すっきりしないなぁとか。。

と、突っ込みをいれたらきりがないよね。

でもでも、すごく好きな話なんだよ。
こんなに、文句言ってるけどw

ラストシーンのサムの家がすごくすごく好みでめっちゃ可愛いの!!!
画像がなくってはれなくてほんと残念!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。