-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-08 09:55 | カテゴリ:  誉田哲也
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
疾風ガール (光文社文庫)疾風ガール (光文社文庫)
(2009/04/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る


誉田さんの本はまだ3作目。(ジウと武士道と本書)
でも、読んだ本はどれも読みやすいし、一気読み確実。
力まずに読める。

んで、この『疾風ガール』バンドをやっている夏美と
プロダクションのスカウトをする祐司との
交互の視点で書かれている。

バンドものかぁ~。どうなんだろうねぇ。好みでないかもなぁ。
とか思いながら手にとって
読み始めたんだけど、これが結構面白い。

音楽をね、文字で表現ってすごく難しいよね。
表現しすぎるとくどいし 読んでいるノリも悪くなるし。
そんな懸念が少しあったんだけど
そこらへんはわりとあっさりで
音楽ものというよりは
夏美の成長(?)が重点だった本、なのかな。

今読みかけの本が純文学で面白いんだけど
なかなかページが進まないんだよね。
その合間に読める気軽な本でした。

最近続編の『ガール・ミーツ・ガール』が出たんだよねー。
早く読みたいな。
だって『疾風ガール』ね
「さぁ、これからよっ!」ってな感じで終わるからさ。

秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/101-ad0e55b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。