-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-12 08:21 | カテゴリ:  夏川草介
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
神様のカルテ神様のカルテ
(2009/08/27)
夏川 草介

商品詳細を見る


「絶対この本 こももちゃんの好みだと思うから」

勧められて読んでみたのね。

こういう勧め方って
もちろん本にも興味は出るけど
それ以上に

あたしの好み?
あたしの好みをどういう風に思っているんだろう。

ということが気になるww

この本は 発売になった時から 
表紙がかわいくて気になっていたので
これを機会に買って読んでみた。

最初は
うーーーーん、
この描き方って
まるで某作家みたいだw

『------歩けよ乙女』を彷彿させるぞ。

でも、こういう雰囲気嫌いじゃないので
すぐに慣れて読み進める…。

ちょうど出かける用事もあったので
電車の中で読みだしたら
これが止まらなくなっちゃってねぇ。

あれ。
涙が…。

美容室の待合室で黙々と読んでいたんだけど

あ、無理。

だって涙が止まらなくなっちゃう。

ここで、あたし号泣!?

ということで残りのページ数もわずかだったけど
そこで読むのは断念。

帰って一人になってから続きを読みましたw


ここからは読了した方が読んでくださいね。
がっつりネタばれはしませんが
ちらっとは触れますので。







一番泣けたのは 桜でしょうか。

ドアを開けた瞬間 
あたしの目にも
桜並木が見えたから。
古いアパートが素晴らしい桜並木になっていた。
その瞬間 涙が止まらなくって。
人の目があったので 泣くのをこらえていたんだけど
目がもう 涙飽和状態。
ちょっとでも動いたら 絶対涙こぼれる。

河童にも泣けた。

医療ものというよりは
なんだろう…
うーん。

患者さんとか 病気とか 重くなりがちなものには
そんなに重点を置かず さらっと書いていたので
わりかし楽な気持ちで読めたのがよかったな。
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/129-2cd9fc82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。