-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-29 09:20 | カテゴリ:洋画 パニック
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
2012  スタンダード版 [DVD]2012 スタンダード版 [DVD]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る

マヤ文明の暦の上での世界終末論に基づく話。

この手の映画によくあるように
まず地球の異変に気がつくのは 学者。
そしてそれを上のものに言う。

大抵ここで 上の人間っていうのは
信じずに手遅れになっていくというのが
この手の映画の常とう手段なのかと思いきや…。

とんとん拍子に大統領まで話が通り
各国の首相にまで話が行き
あ、そうなんだ そういう展開なんだと思う。

ここまでが2009年の話。

そして2012年。

家のテレビで見たけど迫力がすごくてびっくり。
これ劇場で見たらすごいだろうなーってシーンばっかり。

20121

飛行機が飛び立つ瞬間は
お決まりの通り 後ろからどんどん滑走路が崩れていき
目の前は滑走路が・・・・・・なぃ・・・。

20122

そんな飛行機の操縦士が好みだったりw

なんかセリフに緊張感がなくって結構笑える。


でもあたし的に一番の見どころは わんちゃんのシーンかな。
わんちゃんは助かるのか!?
そこが一番手を握ったところ。
「がんばれ!」声をあげていたし。
いやいや、観れば声が出るから。 
と思うw

いろんな家族の話もさらっと盛り込んで
ジーンとくるシーンも数か所。

見どころ満載の映画。

日本の首相もほんの一瞬でてきてちらっと思ったんだけど

こういう状況に遭遇したら
日本の首相はどういう道をとるんでしょうね。
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/163-34288ec6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。