-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-30 11:57 | カテゴリ:洋画 アクション・スパイ・テロ
ジャンル:映画 テーマ:DVDで見た映画
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ

商品詳細を見る


テロ系のお話。

犯行声明を公開しないテロリストの首謀者を捕まえようとする
CIA捜査官が レオナルド・ディカプリオ。

犯行予告もなく自爆テロが次々と起こり
そのあと他のテロ組織に声明が送られる。

つまり表立っては何もなく、次々自爆テロが繰り返される、っていうわけ。

映画の予告では 「騙し合い」「嘘」を強調されていているけれど
騙すとか嘘とかはディカプリオのしょーもない上司のおはこって感じ。
上司の嘘はことごとく裏目に出て
どうみたって、上司に足を引っ張られている部下w
少なくともディカプリオは自ら嘘はついてない。
こんな上司の下で反感を持ちながらも素直に働いてるディカプリオがまず不自然…。
CIAってそういものなの?
ふだん「24」観てるから、ジャックなんて上の言うこと丸っきり無視だし(汗)

あと、予告で「首謀者を見つけ出さないと世界は終わる」みたいな感じだけど
世界的規模の危機感は映画からは全く伝わらない。。。。

予告とか内容とか全然知らずに観たのがよかったのかもw

面白かったー

と本編を観終わった後でネットで予告とか見てびっくりw

あ、そういうこと!?

「嘘」を武器に戦うお話だったの?
でも、上司は嘘をつく相手が違うと思う…(滝汗)
頭脳戦のお話とは思ったけど、それは上司抜きでの話かと思ってた。。。

しょーもない上司の嘘も頭脳戦の一部ってことだったのか・・・(汗)
あたしも、まだまだだなw

でもすごく面白かった。

ワールド・オブ
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/167-bc6e0f93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。