-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-06 12:01 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
インセプション



映画館のポイントがたまったので先行上映で観た映画。
先行上映は公開日より早く観れるのでお得感があってすごく好き。
さらにポイントで観れたので一層お得感があって それだけで「いやー、おもしろかったよ」という感じ。

映画は前半一瞬眠くなったものの そこだけ乗り切ればめっちゃ面白かった。
字幕なんで、目をつぶったら終わりだよね(汗)
な~んも意味わからんなるw

人の心の中に入り込んで隠しこんである大事なものをぬすんでこようっていう内容の映画。
主人公コブ(デカプリオ)がチームを組んである人の夢の中に入り込んでいくのだけど、コブには実はトラウマを持っていてそれが仕事に支障をきたしていく、という・・・。

このトラウマっていうのがインセプションを観る少し前に「シャッターアイランド」を観たもんでかぶるかぶる・・・w

それと正直夢の中からぬすみだしてくるものがしょぼいっていう感じで(汗)
もっとたいそうなものでもよかったのでは?と思うくらい大掛かり。



「インセプション、みたけどわけわからん」っていう人がいる中
「あたし、わかったよ! 最後のシーンあれがあーなってたから、あれはああなんだよね。」そう思ってた。

でもねー・・・・。



[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督のSFアクション大作「インセプション」を見た人ならば、エンディングに仕掛けられたナゾに頭を悩ましたに違いない。この解釈をめぐって映画ファンの間で熱い議論が繰り広げられていたが、ついにノーラン監督自身が米エンタテインメント・ウィークリー誌に答えを明かした。

という記事を読んでびっくり!
そうだったらしい。

元記事はこちら(映画.comより)

以下ネタばれです。
カーソルで反転させてから読んでください。

-------------------------------------------------------------------------
記事の中で監督が「映画のなかにどちらか一方であることを指し示すヒントが含まれていたとしたら、それはぼくがミスを犯したということになる」と書いてある通り結末はお任せ系・・・。
最後のシーンでまわしたコマが少し止まりかけたけど持ち直して回り続けるから これは夢の世界。と納得していたあたし。夢の中・・・そう考えるとめっちゃ切ない映画なんだよね・・・。そう浸っていたんだよ。

ところがこのコマ、記事によると「その結果を確認するよりも先にコブは子どもたちのもとへ行ってしまい・・・」ということで結果は出してないのよ、って!

完璧、お任せ系やんか!!Σ( ̄□ ̄lll)

一番重要なのはそこが現実か夢かなのではなく「コブがコマを見ていないという点だ。コブはあのとき自分の子どもたちを見ていた。彼はコマを捨てたんだ。それこそが、あの場面において最も大事なことなんだよ」
だそうで・・・。
コブにとってはどっちでもよくて一番大事なのは子どもといること。


-----------------------------------------------------------------


いや、ほんとに奥が深いというか・・・。
言いたいことはそういうことだったんだ。

インセプション2
劇場公開日:2010年7月

原題:Inception
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作国:2010年アメリカ映画
上映時間:148分
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン、ピート・ポスルスウェイト、ルーカス・ハース


秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/214-0bdbba99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。