-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-17 09:58 | カテゴリ:洋画 ドラマ・青春・ヒューマン・コメディ
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
オーシャンズ13


やっと シリーズ制覇

1、2、3、通してみて1が一番おもしろかったなぁ~。
でもマット・ディモンは2がかわいい

話は簡単に言っちゃえば 「俺ら大泥棒集団よ。難攻不落なものだって俺らチームに盗めないものはないもんね」とまぁ、そんな感じでしょうか

1は仲間が集まって、大仕事。
2は1の時にだました相手に復讐されちゃうよー、どうしよう。
3は仲間の1人が騙されて、その屈辱戦。一人やられたら13倍返しでw

ジョージクルーニーがボスでブラピがその右腕役。
マットは昔、マットのお父さんが仲間だったんだけどお父さんが引退していたので息子のマットに白羽の矢が当たったってわけ。

2で「僕だって仕事ができるもん」って駄々をこねるマットがかわいい
3でもそれは健在ですw
ただ、マット・ディモンのあのつけ鼻は・・・・
一瞬誰だかわからんかったw

オースシャンズ13の今回は・・・。
華やかだけど話的にはちょっとわかりにくいかな。。
13人なんだよね??
途中気になって気になって 人数数えはじめたんだけど・・・・
わからん(汗)
双子ちゃんが確かいたよね?とか思ってたんだけど。
シリーズは一気に観ないと、登場人物忘れちゃうのかな~。
年だな…Σ( ̄□ ̄lll)

というよりはそもそも 眠くて眠くて3回ぐらいに分けてみたのが敗因かも。。。
やっぱ眠いのを我慢して観たら面白さも半減かもね。
気がつくと目を閉じかけてる・・・。
はっと思うと次のシーンに移ってるΣ( ̄□ ̄lll)
ダメじゃんw

でも、クライマックスのダイヤを持ち去るシーンは
「スゲーーー」な感じ。やること派手ねぇ~~~。
あとは随所に色々ちりばめてあるようでそれがどこまでわかるかがこの映画の面白いところなんだよね、きっと。
「ここ」参照ね。)

余談だけど これも観るきっかけはテレビ「しゃべくり007」。
小栗旬がゲストで出たときに
「小栗監督ならこのメンバーでどんな映画をとりますか?」的な話題になって
その時に「このメンバーなら 『オーシャンズ11』ですね」ってw
確か小栗監督、ブラピは徳井さんって言ってたっけ・・・。
ジョージ・クルーニーは原田泰造だったかな、うる覚えだけど。
「オーシャンズ11」って話になった時 レギュラー陣が「ぉぉぉぉーーー」ってめっちゃテンションあがってたっけ。

劇場公開:2007年8月

原題:Ocean's Thirteen
監督:スティーブン・ソダーバーグ
製作国:2007年アメリカ
映画上映時間:122分
キャスト:キャスト:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、バーニー・マック、エレン・バーキン、アル・パチーノ、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディ・ジェイミソン、シャオボー・クィン、カール・ライナー、エリオット・グールド、バンサン・カッセル、エディ・イザード、ジュリアン・サンズ
映倫区分:PG-13



秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/224-65d4fa08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。