-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-08 11:44 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
ゼロの焦点

なんていうか もともと広末涼子があまり好きな女優さんでなくって
観るのをためらっていたのだけど・・・。

結論から言うとすごくよかった。
広末涼子もよかったし、中谷美紀はすごくいい。

主役は広末涼子なんだけど、どちらというと演技的には中谷美紀のほうが主役みたいな感じ。
中谷美紀のほうが存在感があるのだけど、主役を広末涼子に持っていってるところがちょっと見ていて半端かなぁ。でも、だからといって中谷美紀の役を主人公に持ってくるのも苦しい展開だし。
木村多江はほんと、幸薄い役がぴったり(汗)
そして鹿賀丈史はいかにもあやしい。



話の舞台は昭和32年の東京。
鵜原禎子(広末涼子)が鵜原憲一(西島秀俊)とお見合いをするところから話は始まる。
10歳も年が離れていて、あまり自分のことを語らない鵜原憲一に禎子はこの人をよく知りたいと思い結婚。
そして仕事の引き継ぎのため金沢に行った憲一はそのまま戻ってこなかった・・・。
結婚してからまだ7日しかたっていなく、夫のことを何も知らない禎子は金沢に行き夫の足跡をたどる。

とにかくよくできた話でいろんな伏線が散らばっていて最後にそれが繋がる。
繋がってからも話は止まらなくて観ていていやな展開だなぁと予想はできるんだけどね。

朝からどんよりな気分になっちゃった。
寝起きに観るものではないな~。

とにかく、話がよくできていてすごい。
本がこの部屋のどこかに埋もれているはずだから探してみようかな・・・。


秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/261-552bd6a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。