-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-24 15:17 | カテゴリ:洋画 ドラマ・青春・ヒューマン・コメディ
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
クロッシング


寝る前に観て
眠れなくなっちゃった・・・。

重すぎるよ、この映画。

実際に脱北した人たちもスタッフに加わって
脱北者たちが本当にたどった道を再現するため秘密裏に撮影されたというこの映画、製作に4年もかかったんだって。

舞台は北朝鮮の小さな炭鉱の町。
貧しくても幸せに暮らしていたヨンス一家。
ところがある日妻が栄養失調による結核に倒れてしまう。
妻の薬を手に入れるため 決死の覚悟で中国に渡ろうとするヨンス。
国外に出ようとしたことがばれると 収容所に入れられてしまう現状・・・。
収容所に入れられるということは死を意味する。

もし中国に無事にわたれてとしても 中国で見つかると送り返されて収容所に入れられるんだね。
安全の保証なんてどこにもないことにすごく驚いたよ。




ここからネタばれでいきます





うまく中国に渡れたヨンスは材木所で日雇いの仕事をもらい薬代を稼ぐのだけど
ある日憲兵に見つかり逃げる途中でためたお金すべてを落としてしまう。
逃げ切れたものの、無一文になってしまうヨンス。
お金がもらえるという誘いに乗って車に乗っていくと ドイツ大使館に行くことに。
そして流れにどうする事も出来ずに韓国にまで行ってしまう。

その間に妻は病死、息子のジュニが一人残されてしまう。。。。

ジュニはお父さんは中国にいると信じ何とか中国を目指すも
途中で憲兵に見つかり収容所に入ってしまう。

ここまで聞いても十分重い話だよね。
収容所っていうのがひどいところで不衛生なのはもちろん、暴行もすごい。
これ、本当にある現実だとしたらひどすぎる。
どこまでが現実で、どこからが脚色なんだろう?

クロッシング2


ジュニは父に会うためモンゴルまでたどり着くのだけど
ようやく着いたモンゴルは何もない砂漠。
モンゴルの砂漠で首から手書きの看板をぶら下げ、ひたすら父を想い歩き続ける。
父は韓国から出られず、ただひたすら息子を待つ。

まるでね 「母を訪ねて三千里」そのもの。
終盤でマルコが雪の中母を想い歩き続けたシーンとかぶっちゃって・・・。


あたしの中では断トツで気がめいる映画の第1位かも。
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/268-d4b9230b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。