-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-14 20:09 | カテゴリ:劇場映画(邦画)
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
コクリコ坂


しばらくぶりに劇場で映画を観てきました

あたしの中でジブリはファンタジーなのでちょっとジブリっぽくないなぁと思いながらも、こういうのは好き。絵も好きだし、昭和の懐かしい感じも結構好み。

去年の「借りぐらしのアリエッティ」とはがらりと変わって

舞台は1963年の横浜のとある高校。
そこで学校の古い建物、カルチェラタンを壊すかどうかで生徒同士がもめていた。
そんな中で出会った海と俊。
2人はカルチェラタンを通してお互いに恋心を抱いていくのだけれど・・・。

そんな感じの物語なんだけど、このカルチェラタンがとても素敵でいい感じ。海がはじめてこの建物に入った時の感じは 「おぉ~ ジブリだ!」でちょっとわくわく。

ただちょっと大人向けな感じで小学生が観るには厳しいかなぁ。。。
劇場内でもちょっと小さな子どもの声が聞こえたりして詰まんないのかもとか思っちゃった。
原作が少女漫画らしいので根底はいかにもな展開だったりするのだけど、でも、でもとても楽しめた映画でした。

残念だったのは劇場から出るときに後ろの男の人が「最初から興味をひかなかったから(つまんなかった)」と聞こえちゃった。
好き嫌いが分かれる映画なのかもしれないのかなぁ。

宮崎吾朗さんが監督なんですよね。個人的には「ゲド戦記」よりいいと思います。。。
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/273-437ef80a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。