-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-21 22:10 | カテゴリ:洋画 ドラマ・青春・ヒューマン・コメディ
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
カサブランカ2

「君の瞳に乾杯」という有名なセリフのこの映画
実は中学生の時に見たんだけど・・・


まったく内容覚えてない!!


正直言って あまり…(と言葉を濁すw)という記憶しかない映画だったんだけど、知り合いがネタばれでお話ししたい。と言ってきて

まぁ、名画(という作品)だし、内容覚えてないし観て見ようかーと軽いノリで観はじめたら

これが見事にはまってしまって観終わる頃には目も冴えわたり

あぁぁーーーーん な状態に。

めちゃめちゃメロドラマだし!!

モロッコのカサブランカが舞台なんだけど、ここはドイツから逃れてきたフランス人がアメリカに亡命するためにカサブランカに集まってきているということなのね。
でも、通行ビザがなかなかおりなくってフランス人いっぱい~な街になっているわけ。
主人公のリックはカサブランカでカフェを経営しているんだけど、リックもフランスから渡ってきた人で、リックにはかつてフランスに愛した女性がいて、一緒に街を出ようと約束していたんだけどその女性は約束の場所に現れず・・・・。
そしてその女性とカフェで再会しちゃうんだよ~。
「あなたがこの町にいると知っていたら、来なかったのに」とか言っちゃったり。
彼女の横には男性がいて・・・・。

これは中学生には無理やろwという感じでした

観はじめたのが夜で、レンタル返却間近だし眠くならなきゃいいけどとか思っていたのに観終わったころにはどうしてもっと早く観ておかなかったんだーと後悔。

所々の台詞もセンスがいいというか 訳もいいってことなのか。
字幕のフォントもおしゃれ。。。。

でも、正直ラストはちょっと納得できないなぁ。
笑っているんだけど、あたしは切なくて泣ける


カサブランカ1
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/274-19f66704
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。