-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-04 01:39 | カテゴリ:DVD鑑賞(邦画編)
ジャンル:映画 テーマ:映画感想
十三人の刺客

ちょっといつもより画像が大きい?(滝汗)

ま、いっか。

あれ? 吾郎ちゃんがいないよ・・・。

この映画、劇場に行こうと思っていたんだけど
公開前の宣伝で山田孝之が 「後半は延々戦って斬りまくりです。」
とかいうもんだから観に行くの辞めたんだよね。
でも、気になっていたのでようやく観ました。

はぃ。 延々殺陣のシーンです。

話は 将軍の息子(養子)で老中になる予定の吾郎ちゃんが ひどい残忍でどうしようもない性格だから
困った現老中が暗殺しておくれと、役所さんに頼んだと言うお話。
んで、頼まれた役所さんは 少数ではむかうという大ばくちにでた!
ばくちに勝てるか勝てないかはぜひ観てほしいのだけど、
観てほしいのは結果ではなく、吾郎ちゃんの壊れっぷりwww

自分を狙ってやってくる刺客をみて 「楽しいのぅー」「戦乱の時代とはこんなんであったのかのぅー」やら
「戦乱の中にいると生きていることに感謝するだろうから、よしっ、自分が老中になった暁には戦の時代としようぞ^^」
もう、みてるあたしもいらっとするどころか笑ってしまったw
すごいよ、吾郎ちゃん、みなおした!!w

役所さんは「ダイワハウチュ」にしかみえなかったけど。。。。
伊勢谷さんは笑い担当??みたいな役だったけど。。。。
山田孝之の殺陣のシーンがすくないよとか。。。。

まぁ突っ込みどころはいくらでもあるんだけど

松方さんがさすが殺陣がうまい。他の人たちとは全然違った。
りきんでなくって自然で倒れ方もうまかったなぁ。
脇をしっかり固めています。みたいな役だった。

延々戦うシーンだけど思ったよりは飽きずにみれて
周りでは不評だったけどあたし的には面白かった。

ただねぇ・・・・

グロイんだよ・・・。

最初の方に出てくる女のひとが怖すぎです。
インパクトありすぎで目に焼き付いて参りました。





あとね、なんだか藤沢周平さんの「用心棒日月抄」がすごく読みたくなった。
今夜はちょっと読んでから寝ようかなぁ。
といっても、もう夜中の1時半過ぎてる・・・。
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/287-858cba8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。