-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-05 16:01 | カテゴリ:  宮部みゆき
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
クロスファイア(上) (光文社文庫)クロスファイア(上) (光文社文庫)
(2002/09/10)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

クロスファイア(下) (光文社文庫)クロスファイア(下) (光文社文庫)
(2002/09/10)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



展開が速くきっかけの事件を追いながら
次の事件、次の登場人物と
緊張感漂う場面もいきなり訪れる。
意のままに発火できる能力をもつ淳子。

人と違う能力を得る代償に失うものは・・・。
でも、その能力は本人の意思で
得られるものでもなく、捨てれるものでもなく・・・。

異能力は、人を不幸にするだけなのだろうか?
もって生まれたが故の宿命。孤独。疑問。

速い展開の裏で徐々に箍がはずれそうになっていく淳子。
そこで上巻はおわる。

下巻に入って展開は大きく広がる。
この先どこに行き着くのだろうかと
固唾を呑んで読み進める。。。。。
登場人物の心理が丁寧に描かれて無理なく読みすすめられる。
能力者側と、非能力者側。
能力に翻弄される淳子と非科学的なものを信じきれないちづ子。
対照的な2つの視点で進んでいくのがすごく上手い。

そして、話は終幕に向けて静かに走り出す。

切なく、やるせないはなしだった・・・。




秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/51-ea8c0c1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。