-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-21 21:32 | カテゴリ:  恩田陸
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
(2004/01)
恩田 陸

商品詳細を見る


面白かったです。
個人的には『夜のピクニック』より面白いなと。
全然違う内容なので比べるのもどうかと思うんだけど。

「幻想的学園帝国物語」かなぁ。一言で言うと。
怪しい雰囲気漂う閉鎖的学園内で起こる謎。
読み出したらあっという間。
どういうこと?どういうこと?
と、先を読み急ぐのだけど、
ラスト近くでオチの見当もつく。

ブラックな要素も含みつつ幕を閉じる。



   

恩田陸の本には色々な物語や映画、音楽が出てくる。

あの時みた「×××」の「----」のシーン。
『×××』の本の「----」な場面。
あるいはタイトルだけとか、『×××』の本の解釈、
っていう風に。

場面を、思い浮かべるのに、もしそのシーンや場面を知っているのなら
すごく的確に思い浮かべることができるし本の中にも入りやすい。
ちょっとずるいなぁって思った。
そういう引用しないで描いて欲しいなぁと。

でもそういう引用があってその本に興味を持つのも事実。
読んでみたいなぁと思うもの。
そういうことで読書の幅が広がることもあると思うので
決して悪いことと決め付けれるものでないんだよね。

それに、その本を読んだことのある人なら
知ってる知ってるとうれしくなるよね。

だから・・・・・
他の本や映画の引用はいやだと思いつつ
読みたい本も増えたりと ちょっと複雑だったりする・・・。

秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/62-80546d1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。