-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-22 10:32 | カテゴリ:未分類
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
はじめてのケータイ小説でした。

『あたし彼女』(←こちらで読めます)

えっと・・・

まずは、↓これそのまま紹介。

---------


アタシ

アキ

歳?

23

まぁ今年で24

彼氏?

まぁ

当たり前に

いる

てか

いない訳ないじゃん

みたいな


------------
本当はそのまま紹介ダメなんだろうけど、
これは、そのまま紹介しないとわかってもらえないかも!
って思ったので、ごめんなさいで載せました。

全文400ページ以上で、スクロールするのが面倒。
ページクリックも面倒。
だけど。。。。読了。

正直

「あ、ないな。」

「うけるわー、これ。」

みたいな感じで、

「これ、読むのきついわ・・・」

だったんだけど!

100ページのちょい手前ぐらいで

「あれ?はまってる??」になっちゃった(汗

そして、結果的に、すっごく泣いた・・・・_| ̄|○

それも3箇所。
彼女編の真ん中。
「おやすみ・・(略)」のあとあたりから。

彼氏編の最後。
「おやすみ・・・(略)」次の日、送っていったあたり。

そして、病院の前での出来事。
イルミネーションのところ。

ぁ、4箇所だ、泣いたの。

それも、涙が止まらなくて・・・_| ̄|○

正直、小説とはいえるのかどうなのかちょっと疑問なんだけど
これはこれで出来上がっているんだろうな。
あ、2箇所かな、うち間違い?みたいのはあったけど・・・。

ケータイ小説の是非は、置いといて、
心に来るものがあったのは事実です。




     

mixiのコミュで、ケータイ小説を、非難してるコメントなんかみて
(まぁたしかに、文学とは程遠いとは思うんだけど)
好きか、嫌いかときかれれば、決して好きな部類ではないけど
別にあってもいいとは思うのね。

世の中、いろんなものがあっていい。

人だって、いろんな人がいるから面白い。
よそから見たら、ダメでも自分の信念で生きてる人たちもいて、
何が正しくて、何がダメなのかなんて
その人それぞれだし。
片方から見れば『悪』でも、反対から見ればそれが『正義』だったり。
受け入れてとは決して言わないけど、非難することもないかなぁと
うちは、思うんだ。

話を戻すけど。。。。

ケータイ小説=レイプ、妊娠、中絶(あるいは流産)。親友(あるいは彼氏)の死。
みたいな偏見は確かにあったんだけど、

まぁ、読んでみてください。
『あたし彼女』(←こちらで読めます)

1章で挫折しないで、がんばって!
最後まで読めば、それなりにきます(きっと)

みたいな(笑


秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/68-0c910ade
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。