-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-22 19:37 | カテゴリ:  百田 尚樹
ジャンル:小説・文学 テーマ:読書
風の中のマリア風の中のマリア
(2009/03/04)
百田 尚樹

商品詳細を見る



オオスズメバチのワーカー(働きバチ)が主人公。
オオスズメバチは成虫になってから3週間程度、長くても30日ぐらいしか生きられない。
その間、次々生まれる幼虫の世話、餌とりにすべてを注ぐ。
メスでありながら、たまごを産めない。
そんなマリアの短い一生の物語。

オオスズメバチの生態が詳しく書かれていて
とても面白いです。
と、同時に不思議でもあります。
交尾をするのは女王蜂のみ。
女王蜂は生まれながらに女王蜂として生まれるので
成虫になって巣から出ると巣の周りにはオスが待ち構えている。
そして受精した卵からかえるのはすべてメス。
オスは生まれない。

じゃあ、交尾するオスはどこから来るの?

って思うでしょ。
ちゃんと書いてあります。
本当に自然の掟って、すごいね。

とにかく、読めばプチオオスズメバチ博士になります(汗)
読みやすくて、あっという間に読めますが
物語としては・・・
もうちょっと突っ込んで書いてもよかったかな。
秘密

トラックバックURL
→http://komomobooks.blog116.fc2.com/tb.php/93-6946c0ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。