-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-14 10:49 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
region


人類 vs 天使

だそうで。

アクションかと思って観てたら・・・

ホラー???

眠れなくって夜中12時過ぎに見だしたんだけど37分でリタイヤw

なにも嫌いなホラーを夜中にがんばってみる必要もないしね。
映画は娯楽で修行でないもん、我慢してまで観なくていいから。

でもツタヤのレンタルケース見たら、ちゃんと「SFアクション・ホラー」って書いてあるw借りるときにちゃんとみればいいのに・・・。

昨日はそのあととっとと寝たんだけど朝になって晴れてくると気分もよくなって

よっしゃ、観てみるか な気分になったので再度観はじめたのね

話は
信仰心をなくした人間に怒った神が天使を遣わして人間を駆除しようとした。
その時唯一神の言葉に背を向け大天使ミカエルが人間側につき人間対神の戦いが始まる。
というもの。

だけど、天使怖すぎw

どうみたって悪霊にしか見えない(汗)
天使が人間にとりつくってどういうこと??w

怖かったのは最初の40分ぐらいまで。ここを乗り切ったらすごく冷静に観れた。

「あいつらがやってくる」って主人公たち身構えていると天使たちが大挙してやってくるんだけど
それが「車を運転して」(ネタばれになるので反転文字です。カーソルを当てれば読めます)やってくるのね。
これが一番つっこんだところw
思わず身を起こしたよ。
だって、天使だよ?
普通、空から飛んでくるのを想像するでしょ????

結局最後まで観たんだけど
この手の映画っていうのは 「何故?」を求めてはいけないのね・・・。

ブルーレイの特典でメイキングをみたら、「いかに怖いか」に重点を置いて作ってるみたい。
確かに、理由なんてわかんないほうが怖いよね(そういう問題!?)

でも、ガブリエル登場シーンとか吹き出しちゃったんだよなぁ
多分、ここ、観どころなんだと思うよ。インパクトあるし。

以下ネタばれしてますので反転して読んでください。

--------------------------------------------------------

首の骨が折れても生きているおばーちゃんなのに護身用ピストルで死ぬんだ・・・。とか 
だいたい天使がピストルで死ぬの?とか
生まれた赤ちゃんが一番ホラーチックで怖かったとか・・・。

ミカエル、死んだらまた天使になっちゃった


あ、絵文字って反転にならないんだ(汗)
でも、ま、いっか♪

---------------------------------------------------------

それなりに楽しめた話でした

っつーかあたし、ホラー映画克服かも!!w
「オーメン2」とかも今なら観れるかも!!(ってふるっ)




英題: LEGION
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年5月22日
上映時間: 1時間40分
2010-12-12 22:24 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
キャッツ&ドッグス 特別版 [DVD]キャッツ&ドッグス 特別版 [DVD]
(2004/12/03)
ジェフ・ゴールドブラム、エリザベス・パーキンス 他

商品詳細を見る


犬アレルギーを解消する新薬の研究をしているブロディー教授一家。世界征服を計画している猫たちはこの新薬を狙っていた。ブロディー家にもらわてきたビーグルの子犬、ルーと猫たちの戦いが始まった!

最近レンタル開始になった続編「キャッツ&ドッグス 肉球大作戦」を見るためにまずは1を観なきゃ!ということで観たんだけど…。

断然犬派のあたしはルーの愛らしさにメロメロだったんだけど話としては・・・(汗)
87分の上映時間だったけどこれ以上長かったら・・・。
本編は「・・・」だったけど、DVDの特典は面白かった!
ネコ派といぬ派のメインメニューに分かれていてなかなか楽しめた。
吹き替え版はいっこく堂が3役しているとかでおまけ映像もあり。

どちらかいうと小学校低学年ぐらいの子供たちにはめっちゃうけると思うな~。

dog1

これ、うちの1ちばん上のわんこw
映画が始まったとたん一番前で観てた
床暖房入っているし気持ちよさそう
下のわんこ達は爆睡w

やっぱりうちのわんこが一番かわいいや(親ばかでごめんなさいっ)




原題:CATS & DOGS
製作:ウォーレン・ザイド、クレイグ・ペリー、アンドルー・ラーザー、クリス・デファリア
監督:ローレンス・グーターマン
製作国:2001年アメリカ映画
上映時間:87分
2010-12-07 22:16 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
エアベンダー


米TVアニメ「アバター 伝説の少年アン」を実写映画化。

主人公アンは世界で唯一 火、水、気、土を操ることのできるアバター。

このアンちゃん、修行の途中で逃げ出しちゃって氷の中にこもっちゃった。んでもってちょこっと(本人にとっては2,3日)寝てたと思ったら何と氷の外では100年たってたのよ!その100年の間に火の国が反乱をおこしちゃって大変だったんだからねっ。さぁ、これからどうにかするわよ!
あ、でも修行の途中だったから・・・。

まぁ、そんな感じのお話。
アンちゃんは修行の途中だったんで・・・というのがミソ。

なんか子ども向けのお話を無理やり大人も観れるよう頑張りました。

そんな印象が強い

なんか、なかなか入りこめなかったかな。。。あの踊りがどうも・・・(汗)
というか 主人公たちが幼すぎる気が。12歳で結婚とか家族とか言ってもねぇ・・・。まだ 修行が厳しいからっていう方が納得できるけどな。


といいつつ 続編ができたらきっと観ます。レンタルでw

--------------------------------------------------------------


劇場公開:2010年7月

原題:The Last Airbender
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作国:2010年アメリカ映画
上映時間:103分
キャスト:ノア・リンガー、ニコラ・ペルツ、デブ・パテル、ジャクソン・ラスボーン、ショーン・トーブ、アーシフ・マンドビ、クリフ・カーティス
2010-12-06 12:01 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
インセプション



映画館のポイントがたまったので先行上映で観た映画。
先行上映は公開日より早く観れるのでお得感があってすごく好き。
さらにポイントで観れたので一層お得感があって それだけで「いやー、おもしろかったよ」という感じ。

映画は前半一瞬眠くなったものの そこだけ乗り切ればめっちゃ面白かった。
字幕なんで、目をつぶったら終わりだよね(汗)
な~んも意味わからんなるw

人の心の中に入り込んで隠しこんである大事なものをぬすんでこようっていう内容の映画。
主人公コブ(デカプリオ)がチームを組んである人の夢の中に入り込んでいくのだけど、コブには実はトラウマを持っていてそれが仕事に支障をきたしていく、という・・・。

このトラウマっていうのがインセプションを観る少し前に「シャッターアイランド」を観たもんでかぶるかぶる・・・w

それと正直夢の中からぬすみだしてくるものがしょぼいっていう感じで(汗)
もっとたいそうなものでもよかったのでは?と思うくらい大掛かり。



「インセプション、みたけどわけわからん」っていう人がいる中
「あたし、わかったよ! 最後のシーンあれがあーなってたから、あれはああなんだよね。」そう思ってた。

でもねー・・・・。



[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督のSFアクション大作「インセプション」を見た人ならば、エンディングに仕掛けられたナゾに頭を悩ましたに違いない。この解釈をめぐって映画ファンの間で熱い議論が繰り広げられていたが、ついにノーラン監督自身が米エンタテインメント・ウィークリー誌に答えを明かした。

という記事を読んでびっくり!
そうだったらしい。

元記事はこちら(映画.comより)

以下ネタばれです。
カーソルで反転させてから読んでください。

-------------------------------------------------------------------------
記事の中で監督が「映画のなかにどちらか一方であることを指し示すヒントが含まれていたとしたら、それはぼくがミスを犯したということになる」と書いてある通り結末はお任せ系・・・。
最後のシーンでまわしたコマが少し止まりかけたけど持ち直して回り続けるから これは夢の世界。と納得していたあたし。夢の中・・・そう考えるとめっちゃ切ない映画なんだよね・・・。そう浸っていたんだよ。

ところがこのコマ、記事によると「その結果を確認するよりも先にコブは子どもたちのもとへ行ってしまい・・・」ということで結果は出してないのよ、って!

完璧、お任せ系やんか!!Σ( ̄□ ̄lll)

一番重要なのはそこが現実か夢かなのではなく「コブがコマを見ていないという点だ。コブはあのとき自分の子どもたちを見ていた。彼はコマを捨てたんだ。それこそが、あの場面において最も大事なことなんだよ」
だそうで・・・。
コブにとってはどっちでもよくて一番大事なのは子どもといること。


-----------------------------------------------------------------


いや、ほんとに奥が深いというか・・・。
言いたいことはそういうことだったんだ。

インセプション2
劇場公開日:2010年7月

原題:Inception
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作国:2010年アメリカ映画
上映時間:148分
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン、ピート・ポスルスウェイト、ルーカス・ハース


2010-12-05 22:54 | カテゴリ:洋画 SF・ファンタジー
ジャンル:映画 テーマ:DVDレビュー
X-MEN2

ようやく2を観たんだけど やっぱり面白いな、コレw

前回はミュータントの悪い軍団が『人間をやっつけてミュータントの世界にしちゃおう!』って話だったんだけど今回は人間の悪い人が『ミュータントなんかなくなっちゃえー、戦争だー』って話。

(めっちゃ極端にはしょるとそんな感じですw)

この手の話に いちいち細かいことを言っちゃいけません。
つっこむのも込みで楽しいです^^

また利用されるなんて・・・あんたって・・・とかw

やっぱり、その髪型どーかと思うよ、とか

今回も主人公の過去は明らかにならなけど少しは進展。いったい過去になにがあったんだろう。。。

あと火を扱う少年とかこの後どうからんでくるのか。。。。
気になることは色々あるけど続きは一気に観ると楽しみが減っちゃうのでゆっくり観ることにします♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。